黒のマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 封印されない田中美絵子

<<   作成日時 : 2009/09/13 22:36   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

もうずいぶん前、当時某映画監督の新作で撮影助手としてついてた本田隆一監督に、現場の様子を聞いたときの話。
製作費の都合から素人役者ばっかりの出演だが、女優はほとんど脱ぎまくり、そのあられもない姿をキャメラに納めるというおいしい経験をしていたというので、フンフン鼻息荒く聞いていた。しかし映画の出来は、僕は大好きだが、めちゃちゃっちくて自主映画みたいなノリ。
「大してかわいい娘も出てなかったぜ」なんて言ってると、本田監督、
「いや、かわいい娘もいましたよ。ほらあのシーンで・・・」
「おー、おったおった、あの娘脱いどったっけ?」
「脱いでましたよ!もっかい見直してください!」
・・・・で、見直したら、あ、ほんと脱いでる・・・ってほどじゃないが、確かに乳首が見えてるわー!!

・・・・と、その素人女優こそ、あの田中美絵子代議士で、映画は石井輝男の遺作『盲獣vs一寸法師』であった。
さすがにこれは驚いた。
世間の注目は早いね〜。この事件のおかげで映画のDVDがやたら好評のレンタルタイフーンだそうで、石井監督も草葉の陰で喜んでるか泣いてるか・・・実は笑ってたり。
この映画、劇場で2回も見ただけに、今回見直さずとも、そのシーンだけは焼きついていたし、DVDには収録されてない(と思うが)、予告編にも代議士の乳は映っているのだった。

しかしそんな過去なんか、むしろ栄光と思って(てか過去なんかみんな色々あらあな)乗り出して欲しいですね。
あくまで個人的意見ですけど。


画像


★ふたたび身近な封印。
さあほんでもって・・・
今月27日にはいよいよ『情熱のARASH!』東京上映です。
今更後付ともとれる発言ですが、この映画を作るに当たり、参考にしたのが、どれあろう『盲獣vs一寸法師』だったのですね。
『情熱〜』は、尻プロのホームアクションとしては3作目の作品です。
しかし、前作の『佐藤黒座敷』はちょいちょい上映やレンタルの機会に恵まれましたが、一作目はなぜ上映されないのでしょう。それは勿論消された作品だからです。
封印された原因・・・それは、ここにも代議士が脱いで・・・というのは冗談で、まあ簡単に言うとこれも自主映画ならではの裏事情があります。
一つは挿入歌などの著作権問題。
もう一つは個人的感情のもつれ・・・というか、スタッフもしくは出演者側が上映を禁止して欲しいと訴えているからです。
こういう記録って、人によってはどうしても消したい過去の汚名として一生残ってしまいますから、傷は封印してもらおうってこと。監督への直訴で無理矢理受理されたのです。
これとまったく同じ事件が、明石の自主映画団体、第三幻活でも起こりました。
ここが製作した映画の上映も、毎年のようにどこかしらでやっていたのに、ここ最近(多分今年あたりから)ある作品が封印となりました。
何本かあるシリーズのうち、ヒロインが交代していったのですが、何代目かのヒロインから上映に関してクレームがついたからです。もっともこの前の前のヒロインは作品に好意的で、つい最近も自主上映をやっております。

聞き様によっちゃ、なにをしょうもないいいがかりをつけておるのかと思われても仕方の無い話ですが、その人自身は勿論のこと、家族、恋人など近しい人に見られるのは耐えられない屈辱なのかもしれません。そしてもしその人の将来に関わる障害なら早めに手を打つのも手段でしょう・・・。
しかしそれをすることによって、関わった方全員にまで影響を及ぼしてしまうので、話し合いはちゃんとしよう。

僕のところにも心無い方から今回の東京上映を中止して欲しい〜もしくはあそこのシーンをカットして〜(半泣)と頼み込む方もいらっしゃいましたが、話し合いの末、一回だけなら・・・という結論に達しました。
だから上映やっちゃいますよほほほほほ〜のホ〜!東京にビビッてんじゃねえぞしかし!

自主映画の世界でもこういう事件はいっぱいあるのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
忙しくて更新ができなかったのですが、上映会の詳細が決まりました。

※若干の変更はあります。
●オープニング15時半〜
「地方CMしょぼキャラ集」
●第一部・自主映画公開
「銭座敷SVSM」「情熱のARASH!」
●第二部・面白ビデオ祭
「テレビ番組突然のニュース速報」
「地方局の地味な小細工」
「熱狂しい刑事ドラマ特捜最前線VSGメン75!」
面白いのでご家族でどうぞ!
色々ゲストあり。


そして…
10・3はアップリンク(渋谷)にて映画のライブ『プリミ恥部な世界』(平岡香純監督)を大公開!
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003201.php
すごいですよこれわ!
ネットカフェにて
2009/09/26 09:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
封印されない田中美絵子 黒のマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる