黒のマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS パトレイバーvs自主映画!

<<   作成日時 : 2014/04/13 10:33   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は吉祥寺でパトレイバーが登場するそうですが、東京は天気どうでしょうか? 神戸は曇りです。
鉄ドンの星野さん(今年から星野零式に改名)もめちゃ忙しく、5月5日のイベントに向けて必死に活動しております。興味ある方はぜひとも十三シアターセブンへお越し下さい。

☆☆2014年5月5日「フールジャパン ABC・オブ・鉄ドン」上映決定!
そんでもって今年のゆうばり映画祭で満員御礼ドッカンドッカンの鉄ドンが二年ぶりに関西に上陸いたします。顔画工房の新作アニメ『YAKUZA』ゆうばり後の初の一般上映です。
開催日2014年5月5日(月・祝)
時間17:30開場 / 18:00開演
料金予約:1,500円(ドリンク代 500円別途要)
当日:1,800円(ドリンク代 500円別途要)
4月6日13時からシアターセブンで予約受付中です。
くわしくはここを見てください。
http://www.theater-seven.com/2014/b1_140505.html


●自主映画では監督がリアルを求めると必ず素人役者が逃げる!
僕は好きなことして身を滅ぼすタイプなので、出費がかさんでまたえらいことになっています。
ラジオでも話してましたが、怪獣映画みたいな物を作っていると、小道具の量が半端ねえことになるのだ。ほんで、スタッフ兼役者の方に小道具を要求したらまたあーだこーだぶーたれられるからそれがいやでなるべくひとりでものを用意しようとするがさすれば荷物でバックがパンパンになるので常に重いですよ。
でね、重い荷物が多い現場で移動していると、このバッグを持ってくれようとするやさしい人がいて、じゃあと甘えて持たせたら、
「ぎょえええええええ〜!あ、あんた!こんな重い物持ってたんか!」
「見たらわかるやろ!」
「誰の敵でこんなに重い物監督自ら‥」
「だって誰も持ってくれんねんもん!」
「タクシー拾えタクシー!ヘイ!タキシー!キャーッ!」
‥て、なることがたまにありますね。
実はこの話、持ってあげたやさしい方が僕で、バックかるってたほうが監督、しかも女子なんですよ。数年前に、キャメラで参加した某自主映画の現場での体験です。
僕は男子役者数人に訪ねましたよ。「こんな荷物、これだけ男子の役者がおるのに誰も持ってあげてやらんのかい?」と。そしたら、ここからは役者の言い分ですが、これだけ長時間ロハで拘束されて腹も減ってるのに休憩もろくにない、その状態で重い荷物なんか持ちたくない!と。とにかく終わったらこの現場から去りたいんだ!と。畜生そんな根性無しならやめちまえ!と思っても、彼らの話ももっともなご意見なのでなんとも言えなかったの(いや、実際には軽く言ったけど)だが、確かにこの女監督の用意する小道具は多い上に一個一個の重量が底抜けだ。よくこんな大荷物を女の二の腕で自宅から現場までかついで来たなと逆に飽きれてしまった。
バッグの中身の小道具には、でっかい鎖が入ってたのだが、撮影中、僕はてっきりプラスチックかと思ってたらこれがなんとモノホンの、観光船をつなぐような鉛の塊のチェーンなのだ。これには参った。これじゃ若い男子も逃げよるわよ。他にも出演者の衣装がこれでもかというほど入ったカバンもあって、衣類もこれだけつめこんだらそりゃ重くなるわというほどの量だった。実際使うのは半分にも満たないのだが。なおかつ他のバッグにはプロ使用の高価なデジタルキャメラや、露出計まで入ってる。うわ〜マジやんか‥。
監督自身が道具も技術もリアルにしたかったという意識なのだから仕方ない。
かつては世界の黒澤明のように、道具は勿論のこと、時代設定も含めた本物志向という意味でのリアルを追及する監督もいれば、奇才古澤憲吾のように、セットなんかカットが変われば多少おかしくなってもかまわないといったぶちゃむくれた演出で、〈映画〉というもののリアルを描く面白い監督もいる。
この女監督は、黒澤系のリアルの人だったのだ。
これを思えば、僕の現場なんて、そこまでたいそうに道具も揃えないし、いっぱいいうても荷物かついで中野から高円寺までは歩けるのでまだ軽い方だ。そんな根性だから安物の映像しか撮れないといえばその通りであるが、安物なりの見せ方が出来ればそれでよいと思っている。


画像☆ヤング放送局の将来を語ろうとすると突然大雨に!東京特撮部隊第二弾!!‥13日にパトレイバー吉祥寺に起動とか言うてるのであわててアップした第14回。
今回も、日本特撮界を引っ張って行くであろう、おかひでき、田口清隆、中沢健、そして鉄ドンの星野零式を迎えてなんとも賑やかな東京編。
思った以上に尺足らずで、途中過去の未放送部分を無理矢理繋いだ粗い編集版です。
しかし、知らぬ間にまさか1クールも続くとは思いませんでした。そしてやっぱりモヘイのつりは必要だったな。




★5•5 鉄ドンCM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
劇画家殺しのDVD、楽しみにしています。
独楽
2014/05/02 23:03
ありがとうございます。なんかいっちょまえに版権の問題があるみたいですね。不完全版は各イベントで地味に売ってますよ!
毒苦
2014/05/23 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
パトレイバーvs自主映画! 黒のマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる