黒のマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴジラの話

<<   作成日時 : 2014/08/13 12:41   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像みなさん、ゴジラの新作は見られましたか? 僕は実はまだ見てないです。
初代「ゴジラ」デジタルマスター版はつい先々月見ましたが、結局これが初めての劇場ゴジラ体験になってしまった。僕はこのかた一度たりとも映画館でゴジラを鑑賞したためしがなかったのである。
それまで劇場で見た東宝の特撮映画は、多分「大冒険」と「クレージーの大爆発」のリバイバル上映ぐらいだったような気がする。「大冒険」は河原町の東宝公楽劇場で、「大爆発」は中野武蔵野ホールで見た。あの頃はよくこの手の映画を見ていたが、そういう劇場が閉館してからすっかり映画も見なくなってしまった。そういえば、昭和ゴジラ監督福田純の「100発100中」と谷啓主演の「クレージーだよ奇想天外」は京都のみなみ会館で見た。特撮とは言いがたいが一応SFのザ・タイガース主演「世界はボクらを待っている」は大井武蔵野館で唐州さんと見た。どこの劇場も次々閉館していったが、唯一みなみ会館だけが健在だ。しかも特撮の特集上映等やってるからすごいですね。

◎今でもDVDでついつい見てしまうな。


‥と、書いてるうちに大事な事を思い出してしまった。劇場での東宝特撮初体験は「地球防衛軍」だ。しかも地元の今は亡き城辺劇場だ。これも唐州さんと見ている。


★期待しまくって2キロも歩いて見たゴジラ
僕らがちょうど中学生になった頃にゴジラが一時的に復活した。それが1984年度版のゴジラである。
しかし、映画館の無い村での鑑賞は勿論のこと夢で、我々村の難民は、村から20キロばかり向こうの村に一件ほどで出来たばっかりのビデオ屋のレンタルを待つより他手は無かった。完全なお預け状態のまま時だけ過ぎて行った。しかもビデオデッキなんかも当時は高価で、うちには無いどころかテレビもだいぶ調子悪く、隣村の家が民宿やってるぼんぼんのおうちにベータのデッキがあったので、そこへ転がり込んで見せてもらった。劇場公開からかれこれ一年ほど経ってたと思う。そして、友達数人で一大イベントのように待ち望んでや〜っと見れたかと思ったら全然面白くなかったぞ、84年度版!
画像
そのぼんぼんはやたら怪獣映画を集めているので、日曜になるとうちの集落から何人か集めて、とことこ歩いて2キロほど先のぼんぼんの民宿へ向かうのが恒例行事となってしまった。そこで数本の怪獣映画を見させていただいたが、結局一番面白かったのが「キングコング対ゴジラ」かもしれない。喜劇タッチで作っているので一番自分向きだったのであろう。「サンダ対ガイラ」は、子供心にコワイしなんか汚いな〜と嫌悪感を感じていたが、大人になるとフランケンシュタイン二部作は名作だと思えるようになった。そのノリで今回の映画に「サンダ対ガイラ対大ダコ対海坊主」をやろうと思ったが、着ぐるみ無しの完全見た目おっさんの醜態を晒しながらの特技撮影に関して、こちらの情熱が今ひとつ伝わらなかったのか、演者のテンションは今一であった。しりもちさんだけがはしゃいでいた。
後日、撮り直しをしたいと申し出たら、しりもちさん以外ブルーな顔つきになってしまったので、イヤハヤ申し訳ないな〜と思いながらも内心は「やれよバカ」と強く懇願していた。でも今のストックだけでもちゃんとつないだらおそらく十分楽しめるであろう。問題はいつ完成するかだ。


★マニアックな話ばっかり!‥になるかと思いきや、意外とマジメなヤングのマンガ談義。個人の感想をだべってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはです。
「夏のヤバイ話祭り」ホントヤバかったですね(笑)!そして、『死亡遊戯』!あれは完全にダメダメでしたね。以前バングラデシュの友人にDVDを貸したところ「オモシロクナカッタヨ!」と言ってました・・・。
やっぱ、『ゴジラ』は『キングコング対ゴジラ』ですよね!自分も一番好きです!
ビッグ・ボスマン
2014/08/14 13:19
あら、バングラデシュでもダメでしたか!‥マニアの間ではわりと好きな人も多いらしいのですが‥。しりもちさん録音終わってもずっとダメっぷりを語っておりました。

キンゴジの有島一郎のバカっぷりったら浮いて浮いて逆に良かったですが、大ダコ登場のBGMが「フランケンシュタイン対地底怪獣」の大ダコ登場のそれと同じだったので「またこの曲〜♪」って思った記憶があります。以前見た特撮の自主映画でも大ダコ登場のBGMがまったく同じだったので笑ってしまいました。偉大なる伊福部昭。
キングコング対死亡
2014/08/24 15:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴジラの話 黒のマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる