黒のマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS ★劇画家半殺し!第一話

<<   作成日時 : 2014/11/28 10:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「ヤング放送局」での健さんの追悼は、全然追悼でなかったが、いかにもヤングらしい展開だった。
健さんの映画、僕は任侠ものはとんと観ておらず、主に東映以降のものが好きなのだが、任侠ものは昔はよく昼間にテレビで放送してたのを何かしながら見てたような記憶がある。
しかし、先日のラジオ終わっての帰りに思い出したが、高校時代に健さん主演の『山口組三代目』のビデオを借りたことがあった。しかも借りた理由が、岡八郎が出てたからという多目的の理由だった。当時、吉本新喜劇を毎週録画していた自分は、同時期にテレビで『傷だらけの人生 古い奴でござんす』をたまたま見てたら岡八郎が鶴田浩二の舎弟役で出てて、それがめちゃよかったので、それ系の映画に岡八郎が出ている物を探してたら『山口組三代目』にぶちあたったのだ。早速借りて見ると、このビデオは冒頭に予告編が入っており、三代目役の健さんの「はっちゃんはそんな奴やあらへん!」というセリフがあったので、「あ、八っちゃん(岡八郎)わりといい役で出てるのか!」と思って本編わくわくしながら見たら、八っちゃんという役はあるものの、菅原文太が演じており、モノホンの八っちゃんは完全なちょい役で、健さんと絡むものの一瞬で消えた。でも内容が面白かったのでダビングして保存していた。
他にも正月の深夜にたまたまやっていた『網走番外地望郷編』(黒ん坊の話!)も録画したが、これが自分にとっての石井輝男初体験で、こっちのほうはすごい面白く、クラスの同期に貸したらその子もハマって絶賛していた。しかし別の奴に貸したらそれっきり帰って来ずだ。

★【ヤング放送局】第43回高倉健さん追悼するも即脱線!
(ゲスト「実験アキレス」主催 勝由子)




劇画家半殺し!配信開始だが!
画像先のことをあまり考えず、後で大失敗することで毎年一年を終える能無しのわたい、今回も相当やらかしてしまった。
(※以下の記述、「あたしこんなに忙しかったのよ〜!!」と主張する自分大好きOLのような話なのだが僕の記憶が飛ばないうちに記してますのでドラマ本編見る方はすっ飛ばして下さい)
この映画(というかドラマ)にも撮影で後々苦労するのだが、無理矢理話をこじつけてなんとか終わらせた。
そして、鉄ドン用の短編アニメにすぐとりかかったのだが、とりかかった時には〆切の4日前の10月28日で、4日間で仕上げる異業となり、しかも前日にはラジオの編集と配信もあって休み無しで机に向い、撮影してすぐ編集というスケジュールを4日連続こなしていた。
納品は間に合ったが、提出用の画質やその他諸々の件でトラブって、その間伊丹ローズ監督と連絡を取り合いながらも結局11月1日,2日も休み返上でやってて、2日によばれていたimaでの結婚パーティーにも当然行けず、この日の為に東京から来ていた三澤藏六さんにも会えず、「結婚式はどうでしたか?」という問いを、なんと夢の中で三澤さんに聞く始末だった。それでも3日には約束してた田中やんぶさんらが主催の街道玉手箱へ赴き、なんやかんやで今度は「アイスぼうや」にかかり、それが終わってやっと「半殺し」にとりかかったが、11月26日配信と予告したにもかかわらず、スケジュール的に本編15分にかかる時間が一日しかなく、しかも昼間にやってる普通の仕事もここへきて超いそがしで、朝早く起きて編集して昼間仕事で帰宅してから深夜まで編集という超ハードタイトな日々を送っていた。しかもPCのHDもパンッパンに膨れ上がり、毎日「もう食べれないよ」という警告が出るほど無茶苦茶な日常を過ごす羽目になって、もうなにがなんやら記憶も相当飛んでいて生活も大変な有様。気がつけば、26日深夜にはなんとか配信していたというあらましだ。色々と自分が嫌になるわ〜とつくづく思った。
そんなこんなでよかったら見て下さい。提供(協賛)はありの文庫です。

【劇画家半殺し!】第一話「劇画家就職する」(その1)
◯予告

◯本編

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
顔画さん、こんばんは!
健さんに続いて文太兄までなくなってしまいましたね・・・。
健さんの『網走番外地』シリーズ(由利徹と潮健児目当てでしたけど)と文太兄の『仁義なき戦い』シリーズは全作何回も観ました。今年は宇津井健、高倉健、菅原文太、さらに納谷六朗と大物が相次いで亡くなって淋しい次第です・・・。

話題を変えて『劇画家半殺し!』観させていただきました!制作にはかなりの苦労があったようですね!
まわりくどいことは言いません!本気面白いです!!随所に出てくる小道具(タルワキ!)もナイスです!しりもちさんの怪演がトラウマレベルで面白いです!顔画さん(貝十さん)がどこにいたのかが気になります。次回が楽しみです!
ビッグ・ボスマン
2014/12/01 21:38
いやほんと健さんも文太も‥つらいですね。納谷六朗も健さん報道に隠れて逝ってましたが偉大な兄弟でしたね〜無念。文太の追悼報道ではこれでもかというほど仁義なきのラストシーンが流れてましたがテレ朝のワイドショーで流れたトラック野郎の秘蔵映像はちょっと笑えました。
『網走番外地』確かに由利先生ですよ。千葉ちゃんとのホモ役とか乞食の親分とかだいぶ石井輝男や降旗康男に遊ばれてましたね。

半殺し!も御視聴いただき誠にありがとうございます。我ながらひどい展開で恥ずかしいです。しりもちさん、自由に演じてもらったあの雑務要員の役は自分でも憎たらしいと思ったそうです。
冒頭のエピソードで『劇画家殺し!』から抜粋されたカットが連続しててその中に僕もいると思ったのですが見返したら一瞬でよくわからなかったですハハハ。
次回なんとか10日頃にはアップしたいです。よかったらまた観て下さいませ。
悲しいし空しい‥
2014/12/04 01:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
★劇画家半殺し!第一話 黒のマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる