黒のマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 管理人と経営者、そして星の子。

<<   作成日時 : 2017/05/29 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いやーしかしうそみたいな現実です。「星の子ポロン」がNHKの集計した「ニッポンアニメベスト100」の男子の見たいアニメで第13位になったそうでまじ快挙じゃな〜!まさかそんな時代が迫り来るとは思っても見なかったで〜。しかも49位に「ガンとゴン」まで!いやーすごいね。恐るべきネット社会。でもいい意味で時代が追いついたのかもしれん。
さてさて、そんなポロン信者の顔動画部の怪獣アニメ『シリラ』を含む怪獣軍団総進撃の「大怪獣チャランポラン祭り 鉄ドン」、いよいよ来週3日(土)東京上映です。一方名古屋では「第7回うんこ映画祭」ですよー。どちらも顔作品が見れますヨ。ポロンちゃんマニアはぜひお見逃しなくね。


★ついに発見!幻の洋物アニメ
レナード・マルティン著作『マウス・アンド・マジック アメリカアニメーション全史』(上)に、自分が長年探し求めていたアニメの詳細が書かれていた。これを発見したときは図書館で思わず「まあ!」とうなったな気がする。

クローバーさんとドアマット社長
だいぶ前に海外のアニメでこんなのがあったという話を書いたが、それに関しての情報が皆無で誰に聞いてもそんなの見たことないというが、ひょんなことから全部分かった。すなわちその本に全部書かれていたのだ。
画像まず、クローバーさん。僕はフロッパさんと書いていたが、これは聴き間違っていただけで正確にはクローバーさん(clint clobber)のようだ。このアパートの管理人クローバーの忘れられないエピソードが海外のネットに上がっていた。
「Clint Clobber - Signed, Sealed, and Clobbered」というお話。邦題は「大きな魚」という話で、アパートの一室でオットセイを飼う住人にここで飼うなと注意したクローバーだが、そのうちオットセイになつかれ遊んでしまうが結局最後は飼い主のキザトト野郎にバカにされて愚痴っておしまいというようなオチだった。途中、やたら大笑いするおじさんが登場するが、永井一郎が声をあてていたような気がする。おそらく自分のクローバーさん初体験である。アニメ「マイティマウス」内で放送していたので、日本語のナレーションもマイティ同様、関敬六であった。
https://www.youtube.com/watch?v=o4jeR79LqC8
※最初のほうに「マイティマウス」と言ってるのが確認できる。日本語吹替え版では、何かの雑誌の人気投票を見ているクローバーが「マイティマウスは何位かな?」というセリフであった。



そしてもう一人気になるキャラ。これはジョン・ドアマット(john doormat)という人物だ。                                 ※これがドアマットさん→画像
このキャラのエピソードは、「僕は会社の社長さん」(邦題)という一本しか見ていなかったので、今回ネットでドアマット氏の動画を発見して感激したが、このエピソードはまだアップされていなかった。
ドアマット氏は、会社を経営しているも家では鬼嫁の尻に敷かれた貧弱者だ。しかし会社での彼はとにかくハキハキ発言し、バシバシ部下を使って激怒している仕事一途の男。その勇姿は半端ではない。内緒で会社訪問した鬼嫁もこの姿に惚れ直すのだが、鬼嫁が来ていることに気づいたドアマット社長は、またいつもの貧弱君に戻ってしまい、そのまま首根っこをつままれておうちへと持って帰られてしまった。その帰路の途中、女房に「あたしは強い男にミリキを感じるのよ!」と散々しかられた挙げ句、「口答えは絶対ダメ!」と言われてうちの中へと消える。そして家の前に敷かれた玄関マット(つまりドアマット)にカメラがズームして話が終わる。放送を見た当時、自分はまだ12才だったが「なんというシュールなエンディングだ」と思ったものだ。このキャラの名前が判明した今考えると、ドアマットに寄った演出は、彼の名前がドアマットであるとともに、鬼嫁の尻に敷かれるという彼のキャラを実に良く表した気の利いたエンディングである。こちらも永井一郎がドアマット、鬼嫁が向井真理子だったような気がする。こちらもクローバーさんと同じく月〜金の朝に放送していた「マイティマウス」(五話分のうち二話はマイティの出て来ないオフ作品)で、放送された名作である。

この2大キャラに加えて、ほぼホームレスの天才画家「ガストン」という能天気なアーティストのシリーズもあったが、すべて同じ絵柄であった。どれも「マイティマウス」「ヘッケルシャッケル」でおなじみの老舗テリーテューンズのキャラクターで、監督はジーン・ダイチという人で、過去作品による身近なところでは「トムとジェリー」第二期の「西武の暴れ者」「白い鯨」など他の作品とは一風う変わった異色なリミテッドアニメでおなじみだ。

★★8/26(土)は【劇画家後家殺し!】東京プレミアム上映会です!!
画像先日、5度目のクランクアップも終り、「いい加減にしろ!」「このクランクアップ詐欺!」と、出演者につっこまれながらも「こっちゃはネタもくって時間も食って必死なんじゃバーロー!」と反論しつつ前進しておりますね。アクションありラブあり怪獣怪人ありメカあり脱線ありなんでもありあり金無しのこれぞエンターテイメント!よるのひるねへおこしやす。http://09020586.at.webry.info/201705/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
管理人と経営者、そして星の子。 黒のマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる