アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「マンガ」のブログ記事

みんなの「マンガ」ブログ

タイトル 日 時
3/4はゆうばり映画祭&ギャグマンガ講座!!
3/4はゆうばり映画祭&ギャグマンガ講座!! 3・4(土)は今年も鉄ドンinゆうばり国際映画祭だ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/02 13:40
唐組『夜壺』とマンガ情報。
唐組『夜壺』とマンガ情報。 顔マンガ面白最新情報 『高知インディーズマガジン』最新20号、高知県内他で発売中です! 顔まんが「新南国の格闘狂」とおまけのコミックエッセイ「かお松さん」掲載。 http://kochiindiesmagazine.web.fc2.com/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 19:39
顔の格闘劇画復活!
顔の格闘劇画復活! 「高知インディーズマガジン」第19号大好評発売中ですよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/29 17:33
覚せい剤やめるか?人間やめるか?仕事やめるか??
覚せい剤やめるか?人間やめるか?仕事やめるか?? 先月末、水木しげるお別れの会へ行って参りました‥友達が。僕も行きたかったですが行くと当分帰って来られないような気がして諦めた。それに気持ちとしてはまだお別れしたくないですので。 てか、先月末は関西でもどえらい寒波で難儀してました。南方のお家は水道管やられてシャワーも湯も出ない状態で、水道屋呼んでもそんな家がいっぱいで来週まで修理無理とのことじゃ。仕方なく銭湯行って(客いなくてよかった)、電気風呂でシビレて、おうちの水道栓締めて神戸へ戻りまして。 神戸は神戸でまた最悪で、先週帰宅したらアナログ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 20:01
水木しげる80年代!
水木しげる80年代! 水木しげるが死んで僕はふぬけになったままではあるが、色々整理してると変な思い出がいっぱいあったりするので勝手に書きなぐってみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 21:14
水木しげる死んだ!
水木しげる死んだ! 来るべき時が来た‥とうとう水木しげるが死んでしまった。その僅か二週間ほど前、「黒のマガジン」最新号を制作中の藤本和也と電話で「水木大丈夫か?」「大丈夫でしょう」「そうか僕らのほうが先に死ぬか」とか話してたばかりだというに‥。そして高知インディーズマガジンの最新号では「水木しげるオチ」の4コマが掲載されたばかりだというのに‥ 訃報があった日、前日に松山から帰って来て、なんだかんだ超忙しくて、夜に藤本君から知らせを受けるまで全く知らずでした。その日、鉄ドンの納品締め日だったので、職場から帰宅後、ニ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/20 16:03
★劇画家半殺し!第二話
★劇画家半殺し!第二話 衆院選もMANZAIも終わりました。投票したし録画もした。面白かった。 それにしても寒くなりましたなあ‥。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/15 20:15
追悼された野次馬 アカセ死す。
追悼された野次馬 アカセ死す。 赤瀬川原平が死んだ。つい先日、京都のありの文庫へ営業妨害のごとく立ち寄った際に「路上観察学入門」だったかが置いてあったので「あれ?最近、赤瀬川どうなったんだ?」と思ってた矢先の訃報だったので親戚死んだぐらい驚いた。安西水丸が死んだ時も驚いたが、そういや水丸のマンガの文庫本もありので買ったなあ‥。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/29 20:54
複雑な雑な思い。でも「山坂」第7号発売。
複雑な雑な思い。でも「山坂」第7号発売。 さて秋です。 この時期はわだすはほんとうはなにもしたくないのですが多分色々やりますね。 けどなかなか思うようにことは運ばないのも事実と現実。ここんとこ考えさせられる事が多かった。 大変なケンカもしたし信用も失ったし一人では考えきれなくなったりして‥それでもちゃんとごはんは食べてうんこもしてますよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/09 11:16
ゴジラの話
ゴジラの話 みなさん、ゴジラの新作は見られましたか? 僕は実はまだ見てないです。 初代「ゴジラ」デジタルマスター版はつい先々月見ましたが、結局これが初めての劇場ゴジラ体験になってしまった。僕はこのかた一度たりとも映画館でゴジラを鑑賞したためしがなかったのである。 それまで劇場で見た東宝の特撮映画は、多分「大冒険」と「クレージーの大爆発」のリバイバル上映ぐらいだったような気がする。「大冒険」は河原町の東宝公楽劇場で、「大爆発」は中野武蔵野ホールで見た。あの頃はよくこの手の映画を見ていたが、そういう劇場が閉... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/13 12:41
鉄ドン・サザエ・R-1
鉄ドン・サザエ・R-1 ★鉄ドン無事終了〜!ありがとうございました。 3/1のゆうばり、フールジャパン ~ABC・オブ・鉄ドン~も無事に終わった。 満員、立ち見、入れない客ありというめでたい結果だったそうな。みんなよくがんばったし、星野Pもよくまとめたもんだ。流石だ! 今後も各地で上映会を催していく予定だろう。 個人的な用が重なってしまい、あまり協力できなかったのが心残りだが、上映後、色んな方からメールやフォローがあってホッとしている。 また、顔画工房も懲りずにアニメを制作予定で、ボランティアを募集している。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/05 14:56
師走のサザエさんまつり
師走のサザエさんまつり 先日「サザエさんの秘密徹底解明SP」やってましたね。面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/01 19:12
南国の格闘狂!
南国の格闘狂! 押忍! 俺っす! 顔画工房製作の新作劇画『南国之格闘狂』が高知インディーズマガジン第14号(11/1発売)に掲載されます。 ★『南国之格闘狂』‥高知の片田舎にある中学校の空手部に入部した少年たちの青春と葛藤を描いたアクション巨編。全編情熱と武術の嵐! いつもの顔劇画とはひと味違った予期せぬ展開についてこれるかな? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/29 22:25
劇画工房vs顔画工房
劇画工房vs顔画工房 ★★ついに辰巳ヨシヒロと対面★★ 鉄ドンの星野さんとともに、24日は京都シネマに映画『TATSUMI』を観に行き、翌25日は、京都国際マンガミュージアム、 映画『TATSUMI』公開記念イベント<劇画の生みの親> 辰巳ヨシヒロトークショーへ。 辰巳ヨシヒロといえば、劇画工房の数少ない残党であり、貸本マンガと劇画の生き証人である。顔画工房のネーミングも劇画工房のパクリで発足された偽のユニットなのでこりゃ行かねばと勇んで出かけたよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 10

2013/08/27 20:34
一人で中年劇画ばかり描いてきてイヤになった
一人で中年劇画ばかり描いてきてイヤになった いよいよすぐそこに迫ってきました4月の二大顔画まつり。しかも5月は、なんと鉄ドンが東京初上陸です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2013/03/25 21:52
12・23(日)のイベント名は『イヴ祭り:Q』だって!
12・23(日)のイベント名は『イヴ祭り:Q』だって! さてもうじきの話ですが、11月に引き続き、しりもち社長、今月も阿佐ヶ谷でイベントやります。 ※以下関根しりもちブログより転載。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/12 22:32
今年最後のイベントは社長が主役!
今年最後のイベントは社長が主役! 12月17日からしりもちさんの個展がよるのひるね(東京)でありますよ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/05 21:01
肉まんちゃんです。
肉まんちゃんです。 顔顔チャンネルの新しいマスコットが決定しました。 どこから見ても食べても可愛美味しい肉まんをイメージにしたこのキャラクター、デザインしてくれたのは勿論、関根しりもち先生です。ただいまお名前を募集しています。いいのを考えてくれた方には、鉄ドンのパンフレットと『悲話』をプレゼント。要らねえよだって?ただでも要らない物ほど逆に欲しいでしょ?(これ名言ね) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/08 23:30
7/21(土)神戸でまたまたマンガ講座開講!
7/21(土)神戸でまたまたマンガ講座開講! 夏は面白イベントの季節ですね。 ほとんど偏ったバカ話になると予測されますが、多分楽しいですよ。 ☆☆7/21(土)I'ma トークライブ 「大人のマンガ講座トキワ荘編-飛び出し坊やもあるよ!」 2012.7.21 sat 19:00 OPEN.19:30〜 START (予定) @I'ma http://www.wonderful-o.com/ima/index.html 前売・当日とも¥1,000(1ドリンク別) 【出演】 ついつい=これでいい野田 !(赤塚不二夫マ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/04 21:19
5/13(日)東京出張イベントあります。
5/13(日)東京出張イベントあります。 ☆5•13(日)久々よるのひるねに出ます。 「元祖黒のマガジンvol.1 大人の電気紙芝居!」開催決定。 cast‥顔画工房/藤本和也/うに吉 内容‥2年前に阿佐ヶ谷ロフトでちょっとだけやった藤本和也の大人の事情マンガ講座復活。 黒のマガジン2号でおなじみなの大物漫画家作品を大検証します。 ◎黒のマガジン緊急販売! http://09020586.at.webry.info/201008/article_1.html ※藤本和也の作品集(新刊!)なども発売します。 勿... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/08 12:28
消えた千本貝次シリーズ
消えた千本貝次シリーズ 唐州さんと話していて、アングラといえども代表作の一つはあるはずだという話題になった。 「確かにあんた(唐州さん)には『ガンバルン君』という素晴らしい代表作があるからええな〜」なんてしょうもない話で二人大笑いしたですよ。 ※ガンバルン君 http://09020586.at.webry.info/200811/article_2.html 当時、唐州先生は小2ぐらいだったと思う。同時期、二つ下の僕は、ゲイラカイトもどきの凧と悪物の凧が戦うという、なかなか画期的な漫画を描いていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 20:40
地方によるアニメ再放送の変な謎!
地方によるアニメ再放送の変な謎! 動き回ってたら体中痛くなっちゃった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/27 19:20
テレビくんといえばやぱ流血だ‥
テレビくんといえばやぱ流血だ‥ 「ゲゲゲの女房」を見返しとるのですが、やっぱり金があると何でもできるな〜と思ってしまいますね。 ドラマは貧乏の話ですが、セットや小道具に金がかかっとるのです‥あ、これ前回も言いましたか。 やぱどうしても桜井さん(ドラマでは戌井さん)に感情移入してしまいますね。男の悲哀。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/10 20:19
となりのスルメ
となりのスルメ なんか大雨だったのにやんだら急に暑くなりましたね。 朝から血を抜かれて(恒例の血液検査だ)ふらふらなのですが、まだ息をしている状態です。 7・31はよるのひるねへ映画見に来てね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/02 20:03
ゲゲゲの大食感
ゲゲゲの大食感 水木夫妻がフンドーキンみそのCMに出ていたことを知った。 関西に住んでる人間としてはこのCMを見たことはないのですごく新鮮だった。 しかし、何よりも新鮮に感じたことは、水木が白米を食っている姿だ。 以前から水木しげるは、テレビの取材において、麺類やスイーツに、キャメラを意識しながら貪り食う姿を幾度となく披露してきた。 ところが、そんな食い気丸出しの水木翁だというのに、白米を食う姿だけはお目にかかったことがないのだ。勿論俺が見た限りの話で、他の画像によっては布絵の炊いたご飯をうまそうに食っ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/10 12:06
土地を購入するのだ。
土地を購入するのだ。 どうも水嶋ヒロです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/08 21:23
わたしはクスリは断ち切りましたが・・・
わたしはクスリは断ち切りましたが・・・ どうも、鬼束ちひろをどついた男と同い年の田舎パンダです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/17 14:59
水木しげるでおなじみのアレが出ました。
水木しげるでおなじみのアレが出ました。 痛いほど暑いですが皆様いかがお過ごしか? 面白くってためになる「黒のマガジン」第2号(特集・水木しげる)が完成、このたびめでたく発売いたしました。 近年ドラマの影響でまたもや起こった大水木ブーム。あまりの反響に主演のゲゲゲ女優も鼻の下の溝がくっきり浮かび上がりすぎて、照明の加減ではハナたれてるようにも見えますがそこはご愛嬌。 以前、俺がいた職場に、この女優(松下なんとか)と同じ高校へ通ってたという奴(兵庫県川西市在住)がいて、当時から彼女は学校でもすごく評判で、休み時間になると上級生やら下... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/08/22 12:20
映画版黒座敷DVD!?
映画版黒座敷DVD!? 今日は選挙ですね。 先日の皮フ科のイベント、お越しくださった皆様、誠にありがとうございました。 三澤さん共々、東京での尻プロ関連のイベントは実に5年ぶり。皮フ科としては初めての試みでした。 皮フ科というユニット名はだいぶ前から決定していて、その名の由来は単に僕たち二人とも通ってるというだけの話です。尻プロ社長の関根氏の肌がツルッツルというのも皮肉な話ですねん。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/11 18:51
ゲゲゲのええにょぼ折り返し記念・水木しげるは何がしたいのか?
ゲゲゲのええにょぼ折り返し記念・水木しげるは何がしたいのか? どうも!ベビイのころから眠りに弱い腐りバナナです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/03 00:47
戦争から男色へ
戦争から男色へ ★参助先生がんばるの巻 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/23 20:09
ぃや!まさか?「山坂」四号発売。
ぃや!まさか?「山坂」四号発売。 まだかーと云うてらした読者の皆さん。今回の漫画雑誌『山坂』第四号はいかがでしたか? ナニ、まだ手元にない!? ではすぐご注文を! 5・9堂々の発売じゃす。 山坂コンビ(大西&三好)のかわい子ちゃん漫画を始め、藤本和也の新作も読めるこのすてきなお茶の葉のような表紙が目印でっせじぇに〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/10 01:26
お猿の顔が目印です。月刊漫画雑誌「架空」発売中!
お猿の顔が目印です。月刊漫画雑誌「架空」発売中! 漫画雑誌架空、月刊化第一号が発売されました。 編集と執筆を手がけるメイン中のメイン作家・西野空男さんも今月5日に神戸を訪れ、決起集会というか、月刊化スタート記念というか、軽い打ち上げがありました。 アベシンにまで会いに行ったという西野さんはじめ、なかなか結構な顔ぶれが揃っております。今後のご活躍にご期待ください。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/04/11 01:04
年明けのさよなら
年明けのさよなら ●追悼その1 年明け一発目にショク〜だったことは、目玉おやじの声優田の中勇が死んでしまったことだ。 今後目玉の声は誰がものまねするのだろう? そういえば、昔の鬼太郎のアニメ(第二シリーズのほう)、『雨降り天狗』の回だけ目玉の声を大竹宏があてていた。田の中氏に何が起こったのか? 過去、ドラえもんでも、のび太の声が、通常なら未来少年コナンのはずが、二週ほどはじめ人間のゴンになったことがあった。ガキ心ながら、見てて「目玉おやじ(orのび太)の人、病気になったのかしら?」と心配したものだった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/30 13:19
アトムが始まった!
アトムが始まった! サンテレビの朝はえらいことになっている。7時から『フランダースの犬』をやっていて、ちょうど起きる頃に毎日見てから仕事へ出るのが日課となっていたが、7時半からの『ゼンダマン』が先日終了し、なんと『アルプスの少女ハイジ』が始まった。ある意味素敵でとんでもないカップリングである。 しかしハイジが始まると同時にフランダーズも先週で終わり、今度は『鉄腕アトム』(80年度版)の登場となった。 この80年代アトム、リアルタイムではほぼ毎週確実に見ていたと記憶されるのだが、その初期一月間の記憶が全くない、と... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/12 14:04
マイケル訃報と駒画
マイケル訃報と駒画 マイケル・ジャクソン訃報 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/05 14:43
実録・劇画おバカさんたち!!
実録・劇画おバカさんたち!! 無事に『すべる時間』も発売され、本日の神戸新聞にインタビューが掲載されているそうですが、本人は三沢光晴死亡にショックで落ち込んでいる。確かに驚いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/14 12:32
異質空間二夜連続
異質空間二夜連続 僕の住んでる地区は新型インフルの影響で、出歩く人が少なく、マスクの人が増えています。 コンビニのマスクもどこもかしこも売り切れています。とてもわかりやすい人間の心理です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/17 18:56
三都を旅する!‘09
三都を旅する!‘09 GWもあっという間に終わったが、人の多い連休は敢えて近場で過ごし、こういう天気の良い日におんもヘ出るのが1ランク上のおっさんのやり方だ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/09 23:57
つげ義春と後背位
つげ義春と後背位 京都のしだれ桜やつげ柳の云々を聞いてると、つげ義春の劇画を読み返したくなったので、ちくま文庫を定価で買っちゃった〜。リッチやね。 まあ〜「するめ固め」「ヨシボーの犯罪」など一連の夢物語が一冊でしかもコンパクトに読むことが昔からの願いだったのでね…。以前ちくまから出たハードカバーの内容は完璧なんですが、いかんせんでデカいという理由からずっと所有を見送っていたのですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/26 23:57
実録・とち式
実録・とち式 『土地』(山坂書房)というマンガ誌が発行されました。 『漫画少年ドグマ』が「動」なれば、『土地』は「静」とでもいいましょうか。兎に角オール癒し系の内容ですが、顔画工房の劇画で相当お茶を濁しております。 なんといっても山坂書房(大西&三好)の漫画が最高である。藤本和也が約二年ぶりに新作漫画を発表しているという事実も無視できない。まさに新しいタウン誌であります。 しかし『劇画黒座敷』から一ヶ月で早くも顔画工房の新作が出版されるということは快挙であり、今後二度とないような気もしますね。 結構「... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/04/05 17:32
地球はお前ら以外のものじゃ!
地球はお前ら以外のものじゃ! いや〜・・・そりゃ確かに一般人とは一線引いて付き合いたいわ・・・と差別的な発言もしたくなるようなクソな出来事があったね。 本日午後から、幻堂へ一仕事しに行く電車内での話。 俺が座った席の隣にいた女子中学生の会話がんまあああああああああああ〜バカでやんのよほんまにね。 しかもやたらでかい声でベラベラ喋っとるのだが、全〜然面白くない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/29 23:37
くろざ式
くろざ式 昨日は大阪天満宮の古本市へ行ってきた。 ぽかぽかお天気だったが今ひとつ掘り出し物には遭遇せず、秋元文庫を一冊(300円)買って帰った。しかし天満宮へ続くこの商店街は古本屋も多く楽しい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/03/08 21:09
花の銭ゲバ
花の銭ゲバ 今シーズンのドラマは『銭ゲバ』だけ見ている。 賛否両論はあるかもしれないが、まあ主人公が「銭ズラ」と言っているからいいか〜ってな感想だ。 あれがなかったらこのドラマは成立しないさかいね。 しかし風太郎がえらいカッコよくなってるな。映画版と大違い。比較してみると・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/25 16:32
劇画漂流
さて、クリスマスから年末年始と結局忙しいだけ(ほとんど大掃除)の顔画工房ですが、その合間を縫って久々劇画を買ってしまったのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/30 15:15
再び上京ス
再び上京ス 普通のブログです。 26・27日、またしても東京電撃大作戦決行。 今回は、勿論映画の編集も兼ねて、僕が昔住んでいた歴代アパート二件を久しぶりに訪ねたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/29 14:04
内泊漫画狂時代SP
内泊漫画狂時代SP 久しぶりに地元話です。今回は懐かしくて思い出深いガキンチョ話です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/17 22:26
黒いコラム集
黒いコラム集 ★1.金ちゃんラーメン社長死す! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/28 20:43
実録・赤塚家のお通夜!
実録・赤塚家のお通夜! フジオちゃんが亡くなる2ヶ月前にバカボンを世に送り出した元少年マガジン編集長の内田勝氏も死んでいた。 なんかフジオちゃんに関連する方々がどんどん逝きますね。 このブログもサヨナラフジオちゃん月間で、まだまだ続いてます。 今日は実際に僕が接した赤塚不二夫の話です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/10 22:30
フジオちゃん天国へ行ってしまったダス。
フジオちゃん天国へ行ってしまったダス。 真っ白に燃え尽きた・・・のか? 俺はフジオちゃんが死ぬ時は、豪華客船で突然「死のう!」と言って飛び込んで溺死するものとばっかり思ってたのに…。 向こうで由利徹やたこ八郎には会えたのだろうか? 告別式、行きたかったが俺関西なので無理。しかし本当のファンなら行ったのだろうが…いや、本当のファンなら逆に行けないかもね。 リアルタイムではなく録画したワイドショーでしか見てないけど、白紙の(ような)弔辞を読むタモリ。死んでから「ありがとう…」って…ハナ肇死んだときの桜井センリか!?  でも わか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/08 01:01
フジオちゃん死んじゃったヨ〜ン!! 見たいの巻
赤塚ショックはさめやらず、無念のココロ。 そこで今回は追悼番組で流してほしい昔見た赤塚特番を振り返ってみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/05 01:20
悲!フジオちゃん死んじゃったのだ。お通夜の巻
シェー! まあついにとうとうやっぱりきたかこの日が、というのが素直な感想だ。 下落合タイムスのチビ太のメッセージが切ないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/03 14:14
関西のミニコミは熱かった!?
まあしかし、よりにもよって花火大会と被ってしまい、行きも帰りもぎゅうぎゅう詰めの満員電車で往復したトンカ書店でのドグマイベントも奇跡の超満員。 面白おかしく無事終了し、色んな方々と話が出来て非常に満足でした〜ね。 ドグマのほぼ主格作家アシタモさんは、先日予想以上に固い手羽先を食べて前歯を折ったとかで、完全差し歯で来客していたが、これがかえってさわやかに見えたの何の。『吾輩は猫である』に出てくる寒月君というキャラがしいたけ齧って前歯が折れたというエピソードを思い出してしもうた。市川崑監督の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 10:26
大ダメおやじ考@
封印された作品が流行っておるが、僕が再放送を望むアニメの一つに『ダメおやじ』(74年度作品。脚本には「レインボーマン」などの伊東恒久)が挙げられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/04/20 16:52
劇画と紙芝居
ブログの更新ができないほどにこの一ヶ月は忙しかった。 先月下旬に忙しい合間をぬって京都何とかマンガミュージアムへ行ってきたのだが、すごい異様な光景だった。大広場で入場者全員がマンガを読んでいるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/04 23:32
オサムシとヨコリュウ
先週ですが宝塚にある手塚治虫記念館へ行ってきた。 現在記念展示会「横山隆一・手塚治虫 おかしな二人展」をやっているというので、なんとか時間作って一人で行ってきたのさ。 わたしなんかえらいもんで秋元文庫の『ドシャ子』やデンスケに影響されて大人漫画に入った輩ですからね。フクちゃんは意外と二の次、中学のときなんか西海のマンガ大王でおなじみのMOSさんが小学館文庫の『百馬鹿』を入手し、なぜかクラスで大流行したからね。変な話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 15:08
もうやってたんですね!
始まってたようですな。 『墓場鬼太郎』がよ。 こっち(関西圏)じゃ本放送より一週間ばかし遅れてるよう(朝の鬼太郎もそうよ)でミクシとかのコミュニティなんか覗くと完全にネタバレなので読まないようにしてたが結局うっかり読んでしまった。 ほいで一応録画したはいいが、滅茶苦茶忙しく見る暇どころか、洗濯するのが精一杯。晩飯なんかほとんど食べなかったから栄養偏ってフラフラだよ。 職場で唯一見ていた奴がいて感想聞いたら「割と原作に近くてよかったですよ」と好印象だった。「原作に近いというのは貸本の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/19 23:28
鴨川つばめに怒られたの後半
前半はこちらです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 148 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/12/16 15:13
鴨川つばめに怒られた!?
色んな人に怒られた話を。 日々日常を送っておりますとね、怒られることもしばしば。また怒ることもしばしば。 え〜そうですね〜いっぱいありすぎてどうにもこうにも何から話したらいいか…。 9月のタルワキナイトではあんまり触れなかったけど鴨川つばめに会った時のことはけっこうネタいっぱいだったのですね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 46 / トラックバック 2 / コメント 11

2007/12/08 11:50
坊っちゃんそして黒マガ!
先日発売された漫画少年ドグマ第三号に、顔画の新作(というかリメイク)の『大坊っちゃん』が掲載された。 このマンガはかれこれもう12年も前に地方紙に連載されたものの焼き直しではあるが、一話以外は全面新作にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/10 21:12
水島新司画業50周年
先週から土日も休みなくすっげ忙しかったので、ぱそこん開く暇すらなかったが今日やっとお休み。しかし昼から顔祭のチラシを配りに神戸市内を徘徊せねばならん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/26 11:54
最近読んだ本など
水木しげる貸本漫画のすべてをやっと入手した、やり〜! 水木貸本漫画ってのはなかなか公の場でお目にかけられない貴重な代物であるため、われら貧乏庶民は「どんなんかな〜?」と中味を想像しながら、まんだらけで高額の値札をつけられてガラスケースに展示されている姿を眺めるしかできなかった。この本の出現によってそれまで謎とされていた貸本の全作品がわずかなページのコピーではあるが見れることになった。感激だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/14 12:45
じゃりん子チエの世界観
ゆうべケーブルテレビで『じゃりん子チエ』の映画版をやってて、ボケーッと見てたら最後まで見入ってしまった。 この作品、大阪の毎日放送では過去何度も再放送されている。日本一不幸な少女チエちゃんの奮闘ぶりもさることながら、天下無敵の親父テツの存在が大きすぎてチエがかすむことしばしば。しかも脇陣営もスコブル異色かつ個性豊かで、ちょとした怪物劇場となってたりもする。関西人の脳裏にこれでもかというほどのリピート放送で、いやでも焼きついているこの番組。一方裏の読売テレビは過去には毎週『ルパン三世』を流してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/07/10 22:48
桜井昌一
 桜井昌一のことばかり考えていると、失礼な話「哀れ」という言葉が思い浮かばれてならない。彼は貸本マンガ全盛期、その頃出版社が見向きもしなかった水木しげるにいち早く注目し、水木を売り出すために、劇画家から出版業に転じ、自社で水木の劇画を世に送り出した貢献者の一人だ。水木マンガのレギュラーともいえるメガネ出っ歯のモデルが彼であることは、水木ファンでなくとも劇画マニアなら御存知のはず(か?)。  桜井は1960年代前半、自社から売れる気満々で出版した『悪魔くん』が、サッパリ売れず、半泣き同然で水木に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 4 / コメント 4

2007/05/25 12:38
ひっぱる
自分のマンガの基本パターンとして、やたら貧乏という設定がある。それは意図してキャラが金欠なのではなく、ただ単に自分の育ちが悪く、金のかかったヘアスタイルやファッションを描けないというだけの致命傷なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/24 22:39
ヘッケル・ジャッケル
ヘッケル&ジャッケル 作品自体はご家庭でも楽しく見られるアニメである。なにしろあの「キル・ビル2」のラストで、ユマ・サーマンと娘がコレを見て終わるくらいだから。 しかしこのアニメ、日本で放送された吹き替え版は何か異色だった。 悪い奴をやっつけるパターンのマイティマウスと違って、こっちは毎回二人組のカラスが、ドタバタやってるだけ。しかも第一話から女装の話、若干大人向けだったような気もする。なんといっても淡々と流れる牟田悌三の独特の江戸落語調ナレーション(というかほぼ実況)が印象的だっ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 15

2007/04/19 21:32
マイティマウス
ノータリンで無頼極まりない僕が、唯一童心に戻る瞬間があるとすれば、それは洋物のマンガ(つまりアニメ=昔はアニメという言葉がマイナーで、まだマンガと呼ばれていた)を見てる時である。ほんでもって僕はこんなマンガで育った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 63

2007/04/18 22:28
猫虎隊(86年)MOS貴之
猫と少年の交流を初期の手塚タッチで描いた衝撃の感動作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/09 11:56
架空!
★在庫僅か。 http://www.geocities.jp/bbtugeken/0wk00.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 14:26
変なマンガ「ある夏の出来事」(86年)
作・MOS(マス)貴之 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/04/07 00:51
桜井文庫より小さい一冊
左『河童のすもう大会』(水木アマダクション製作・86年) 右『人魂を飼う男』(水木しげる・東考社桜井文庫・75年) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/05 20:10

トップへ | みんなの「マンガ」ブログ

黒のマガジン マンガのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる