実録・とち式

『土地』(山坂書房)というマンガ誌が発行されました。
『漫画少年ドグマ』が「動」なれば、『土地』は「静」とでもいいましょうか。兎に角オール癒し系の内容ですが、顔画工房の劇画で相当お茶を濁しております。
なんといっても山坂書房(大西&三好)の漫画が最高である。藤本和也が約二年ぶりに新作漫画を発表しているという事実も無視できない。まさに新しいタウン誌であります。
しかし『劇画黒座敷』から一ヶ月で早くも顔画工房の新作が出版されるということは快挙であり、今後二度とないような気もしますね。
結構「土地」というテーマって難しいのかもしれませんが、僕なんか逆に土着民系漫画しか描けないですのでいつもの調子です。

画像

              タイトルが「土地」で特集も「土地」。この地味すぎるコンセプトに脱帽と期待大なり。注文しよう!



★新作劇画の舞台・・真珠養殖の現場
これは小さな漁村で育った人間だからこそ事情がよくわかるのだが、真珠養殖の仕事場ってのは地元の余った婆さんらの溜まり場であった。母貝(ぼがい)を割って中身から真珠を取り出す。この手作業で一日が終わっていく。
小林幸子もテレビの取材でこの作業をした(やらせだが)ことがある。
勿論それだけでなく、もう一つ「めざし」という仕事もあり、そこは単に「めざし」を串に刺してるような単純作業ではあるが、全盛期にはうちの集落だけでも東と西と仕事場が二つあった。
しかし、80年代後半から、(表現はかなり差別的かもしれないが)年寄りの老朽化と若者たちの田舎離れによって、いつの間にか真珠の仕事場もきれいに無くなっていった。
西の仕事場は、村から少し離れた海側の土地に面しており、そこがわが地区の端っこで、ガケと岩場が「ハイ、村終わり」とばかりに君臨する行き止まりだ。
なんとその場所=仕事場が、小学校の裏(というか土地自体が狭いのでもろ校舎の真横!)に存在するのだ。要するに小学校と養殖場が同じ土地にあり、授業してる横で作業着着たおばあちゃんらがゾロゾロ通ったり、釣り客がつりしたり、犬や猫や、酷いときにはヘビなんかが迷い込んだりという、今考えたらえらい光景であった。
小学校の校舎が横に長いばっかりに、高学年になるにつれてその仕事場に接近していく。地引網と、真珠貝、はたまた釣り客が捨てていくエサ、雑草生い茂る草っ原、申し訳程度の教員住宅。そして山と海。これだけの要素が校舎の横に揃えば、必然的に高学年の教室は毎日虫が飛んでいた。夏はこの干してる網や表面を貝に占領された浮き(発砲スチロール。生簀を支えている)にとんぼとハエが大量発生し、やたら邪魔臭い。教室には必ずキンチョールが設置されていた。やれやれだ。


画像

                       仕事場跡地。現在は網干し場に使用。

画像

20数年前までは教員住宅が三件並んでいたが現在は撤去され網干し場に。実はここ↑に僕ら(歴代在校児童の)が小学校卒業時に桜の木を植えたのだが、育たなかったのか今や全部残っていない。

画像

                       前だけなぜかキレイ。トイレか? とんぼの密集地。この先に母校あり。

画像

                       職場の箱を持って帰って使う家もあった。



○なつかしのつりクラブ
しかしそういう場所であったからこそ小学校初の「つりクラブ」が設置され、各雑誌(学研の「学習」など)や地元のテレビ局から二年に一回ほどの割合で取材が来ていた。つりなんかしない女子がメディアに出たいがためにそのクラブに入ったりと下心丸出しな奴らの溜まり場的な感じもしなくもなかったが、一応そのおかげでわが校は全国区のメディアで紹介されたものである。
僕の相棒の黒井唐州さんもこのつりクラブに属しており、テレビの取材を体験した児童の一人である。しかし何の因果(か神が降りた!?)か知らんが、よりにもよって取材の最中に、海岸に停めてあった釣り船から隣の船へ渡ろうと、片足を踏み入れた途端、かたっぽのボートが傾き、反動でもう一方の船も離れていったために、体勢を徐々に崩し始めた唐州少年は、股が裂ける感じで、ドリフのコントのようにそのまま海に転落したそうだ。不運にもその瞬間、カメラは回っていなかったというオチつきで・・・・。 ギャハハハハハ~!!

そして余談ではあるが、この小学校、今年は入学式がないそうだ。・・・・子供おらんのだ!ガ~ン!!


画像

                         カラス少年、撃沈現場。


この記事へのコメント

まーきみ。
2009年04月13日 22:35
小学校、新入生が居ないとは残念ですね。
今や、旧町内他の小学校も少なくて複式になりつつあるらしい。
近隣市町が統廃合が進む中、此処だけは孤塁を守っていましたがもう限界なのでしょうか。

PS
先日ポーランド人のアベックを石垣の里まで案内しました。
ヒッチハイクして岬まで行くとか。
まーかお。
2009年04月18日 20:42
コメンありがとです。
そうですね~…隣の集落へ行けば自分の同級生の子が2~3人は在学してると思いますが、うちとこの村は昔っからババアと猫しか居なかったですからね。でもババアもやがて居なくなりますからね~。消灯時間の早いこと早いことね。

ポーランドの方と石垣の里行って落ち着きたいです。
ななみ
2009年06月26日 18:39
凄く困ってます☆ love-cac@docomo.ne.jp すぐに連絡ください
競馬
2009年07月18日 14:41
万馬券を勝ち取れる、スピード指数競馬予想を無料公開中
返金保証の競馬予想を一度お試しあれ http://keiba.itnetworkss.net
競馬
2009年07月18日 14:42
万馬券を勝ち取れる、スピード指数競馬予想を無料公開中
返金保証の競馬予想を一度お試しあれ http://keiba.itnetworkss.net
勝てる競馬情報
2009年07月26日 11:11
情報を制して混戦を勝ち取る!最新競馬情報を無料発信!勝ちを体感してください http://keiba.king-kg.net/
競馬情報
2009年07月26日 11:11
馬主から仕入れた勝ち確定の競馬情報をお届!裏だけある真実を掴みませんか http://keiba.kawamoebbs.net
なちゅ
2009年08月14日 17:37
プロフ作成記念に嬉しくなって写メも載せちゃいましたぁ。できればメールの方に感想なども欲しいなぁ!夏休みなので暇してます。natu.no.natuyasumi@docomo.ne.jp

この記事へのトラックバック