ブタとぴらにや

先週はなんだかんだとニュースが多かったですね。
市橋容疑者なんかめちゃ近くにいたのでぞっとしたわいね。
でもって僕の周辺でもその話題ばーっかりなんですが、円楽死んだとか、その後『笑点』での追悼番組にこん平が登場したとか、森繁が死んだとかはあんまり食いついてこなかったのが残念だ。
市橋が捕まった日にいろんな人からその知らせのメールがきたのに、唯一、藤本和也君からは「森繁が死にました…」という悲痛を訴える内容だったので、「ああこいつに迷いはないな」と逆に安心したな~。
その藤本目玉編集が目下二年越しで必死に作業している劇画誌「黒のマガジン」2号は多分年明けには発売されます。今回の特集は面白すぎて市場には出せません。
同時期に幻堂新舎の「マガジン№1」も豪華6大付録(おまけ)付きで同時期に発売予定です。しかしこの付録が多すぎて作業が遅れてるのも事実でっせ。

さてガラッと雰囲気変えて・・・
『情熱のARASH!』でも役者&スタンドインを担当してくれたなかのりうし君が今月3日におしゃれで落ち着くカフェをオープンした。
その名も「ぴらにやカフェ」
http://ameblo.jp/piraniya/
阪急神戸線春日野道駅から商店街へ下ってぶらぶら変な横丁へ入ったところで、ロケーションには最適なのどか~な場所にある。
りうしマスター自ら作るカレーセットは、日替わりカレーとドリンクにチーズケーキまで付いて800円とは納得の価格。今行けば、オープン記念の特製マグカップもプレゼントされますねん。
今後はイベントスペースにも利用して行こうかな~(?)とのことで、マガジン№1完成記念打ち上げや、森元暢之紙芝居会、藤本和也原画展示会、幻堂新舎の動物写真展、そして顔画工房動画大会など、僕らが勝手に企画しているのだった(どれかは実現するかもに)。


そしていよいよ来週11・21(土)は尻プロ映画祭第二弾が開催されます。

今回の特集は、尻プロ結成以前に製作された大冒険愚連隊活劇(?)『ブタ野郎』(96年ハタダクション作品)。滅多に公開されることがなかった逸品です。
勿論、尻プロ恒例超激面白ビデオのおまけつきでっせじぇに。

画像
                  このチラシ(別バージョン)もぴらにやカフェに置いてます。

今回上映用に再編集したのですが、約10年ぶりに見直しながら編集してたら、みんな若くてがんばってるので笑いが止まらなかったですね。2000年以降の尻プロ三部作とはだいぶ違ってまだ分かりやすい内容ですが、この当時から目玉が飛び出す描写は変わってまへん。
皆様、おいしいたこ焼きでも食べながらブタ映画見にきてくださいね!
大阪でのイベントは今年はこれでおしまいです。今後はイベントを自粛して、製作活動を再開しなきゃもうあぶちゃぶ(田舎用語であっぷあっぷ)ですねん。

個人的に悲しいお知らせですが、『劇画黒座敷』の売れ行きがめちゃ悪くて続編の発売が延期というか未定になってしまった。ほんまに「悪魔くん」現象が起こり、僕はまたもや仕事を辞められない状況劇場となったのねん。
なかなか厳しい現実だ。ホントヨ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 最近な腹出てきたんだけど…

    Excerpt: ここのサイトで案外モテルんだわオレ(汗) 30後半のおっさんなのにキスはもちろん 生で入れるは報酬は貰えるはで、オレどうにかなっちまいそう…(笑) 人生行くとこ行けば捨てたもんじゃね~ぞ!! Weblog: リーマン(37歳) racked: 2009-11-17 22:50
  • ある所にはあるんだな(笑)

    Excerpt: レッスンの相手なんて何したらいいんだとか思ってたんだけどな、 実際オレってほとんど何もしてなかったんだよ(笑) ただどこが気持ちいいか反応してるだけで5万も頂いたんですけど(汗) Weblog: ようま racked: 2009-11-22 11:56