お月様に向って!


※【劇画 坊っちゃん】はお休みです。

ついに完成!幻の忍者アニメ【お月様に向って! ライオンのゴキブリ全員集合】



★元祖アホッガキの遊び「消える忍者」
幻の忍者アニメ‥って何も幻じゃないですが、これ、40年ほど前に自分たちが夏休みにごっこでやってた「消える忍者(消え忍)」という遊びを大人になってアニメで再現するというものすごく無防備な企画なのである。
元祖顔画工房、黒井唐州先輩とだべっていて、これ今アニメにしたら面白いんじゃないかという思いつきで、遊んでた当時を思い出しながらシナリオをおこし、2017年に、声だけは三話分録音してましたが、【劇画家後家殺し!】が間に入ってたので頓挫していたのだ。
先月配信しようかと思ったが、あまりのクソ忙しさに結局予告編しかできず、知らん間に夏休みも高校野球も終わっていての完成となってしまった。9月1日まで一般公開してますのでみなさん見て下さいね。

なぜこんな長ったらしいタイトルかというのもよくわからんのだが、すべては唐州先生の発想によるものだ。
正確には「消える忍者パリッコハイ」シリーズという。「お月様に〜」はそのパイロット版というもので、1978年当時、この創作ごっこが始まった当初のタイトルであった。シリーズ化(毎週やる)する際に「消える忍者」に変更した。
キャラはリーダーの龍鮫(ドラゴンシャーク)に弟分の虎鮫(タイガーシャーク)と仏の化身バッチ(バチが当たるの意味)はオリジナルキャラで、アニメの中で演じているのも龍と虎はオリジナルの自分たちだ。僕らはごっこにしても一応タイトルとキャラを考えてそしてそのものに憑衣されていたもんだ。

へきうんさい.JPG
◯師匠(忍者学校校長)の壁雲斎はアニメ版で初登場した。モデルになったのは、近所に住んでいた俳句の先生で、地元ではすごく有名な実在の人物である。

タイガー&ドラゴン.JPG
◯タイガー&ドラゴン。本編で使われなかったカット。


シナリオを書いてる間に唐州先生がキャラクターデザインを制作する。なんか最初のイメージとかけ離れて全然違う物になっていた。
敵キャラで登場する「天近(てんそば)」という奴は、これも唐州先生が小学校時代に新聞クラブに所属し、そこで描いていた『ちんみ天近』という4コママンガでどうどう主役はっていた。カエルの「ガンバルン君」は唐州先生が生まれて初めて描いたマンガのキャラで、その後僕が継承しながら今でも描いている愛すべき小動物である。ポパイもどきの「ペパイ」も彼の考えた(というかパクった)キャラだ。これらのスター達をアニメで共演させる。それは我々が毎年楽しみにしていた夏休み恒例の24時間テレビで上映された手塚治虫の長編アニメ世界に共通する(か、そんなもん!)

◯「消え忍」初期デザイン(唐州画)
初期デザイン.JPG

◯決定デザイン(唐州画)※バッチの変形は独特だ。なぜか鼻がない。
消え忍.jpg

◯決定デザインを更にアレンジ(貝十画)
貝十デザイン.JPG

エンディングテーマ「一号線」(アルバム「らっこの労働歌」収録)を歌っているらっこさんのHP「ラッコの車窓から」
https://raccodeath.exblog.jp/

f0363447_14195824.jpeg新作「らっこの旅日記」300円で発売中です。ジャケット画 藤本和也



さーそして今年も鉄ドンの東京上映会が開催されます。
「鉄ドン」プレゼンツ バカ映画オムニバス第六弾
「マイルド鉄ドン アホな子 バカな子 マヌケな子」特別有料試写会!!!
顔動画部の【牛吉】もやるモー。

2019年9月29日(日)


1回目13時開演(12時30分開場)

2回目17時開演(16時30分開場)

会場:ワイルドファイア・スタジオ

東京都千代田区西神田3−3−12西神田YSビルB−1

地図:http://tuki1.jp/access/

料金:一般・前売予約1500円  一般・当日2000円  18歳未満・予約当日とも500円

予約方法:メールのみ hoshino@tetsudon.comへ
タイトルに「マイルド鉄ドン」とお書きの上、①お名前(ふりがな)②電話番号③13時の回or 17時の回の希望④人数(18歳未満の方がいる場合はおしらせください)を書いて申し込んでください。
24時間以内に返信がない場合は、再度ご連絡ください。

★予告編:https://youtu.be/bPfAZFGsA1A

そして、来年の鉄ドンでの顔動画部の作品は‥
『シリラの逆襲』(仮)だッ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント