唐組『夜壺』とマンガ情報。

顔マンガ面白最新情報 『高知インディーズマガジン』最新20号、高知県内他で発売中です! 顔まんが「新南国の格闘狂」とおまけのコミックエッセイ「かお松さん」掲載。 http://kochiindiesmagazine.web.fc2.com/ そしていよいよ来月、総合マンガ誌 『キッチュ』最新号がワイズ出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

死んでばっかりです。

11/19(土)に「うんこ映画祭傑作選」が名古屋のシアターカフェで開催されます。顔映画からは【クソーム】と【異説・雲酷寺】も上映されますよ。お越し下さい! http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/uncofilm3.html そして11/13(日)にはよるのひるねにて「よるひる映研」またやります!新作顔ア…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

今年の帰省事情。来週は東京興行。

異常気象のクソ暑さで現在撮影中の映画『劇画家後家殺し』が中断しております。残すシーンもわずかなのですがいかんせんロケが多く出演者もおっさんなので体力的に持たないのですよ。でももうちょっとなのでなんとかなるでしょう。 で、盆休みに今年も実家(過疎丸出しの漁村)へ帰ったのですが、僕が住んでいた18年間は、夏に実家で昼間っからクーラーを…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ヤングと映画のイベント、帝都で開催!

エロスと笑いの90分&逆襲上映会!2016年9/2&3 秋の尻しりスペシャルウイークデイ これを見逃しても特に生活には影響はないが見ても損はない!! 第一弾★生ヤング放送局「エロスと笑いの90分」 2016年 9/2(金)場所‥よるのひるね(阿佐ヶ谷) http://yoruhiru.com/ 19:00open19:30s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顔の格闘劇画復活!

「高知インディーズマガジン」第19号大好評発売中ですよ! 最新号が発売されました。今回は空手漫画を復活『新 南国の格闘狂』が掲載されています。顔映画で美術を担当してもらっているマスウオ君の筆をお借りしてトビラからして嘘くさい‥てかかわゆいね、笑えます。 あ、そうそうすっかり遅くなってしまいましたが「アックス」第109号 追悼水木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/15はよるひる16はまた鉄ドン!

わーもうすぐだ、5・15(日)阿佐ヶ谷よるのひるねで『顔映画大会vol.4』をお送りいたします。 今年は新作の顔アニメの他、幻のそして謎だらけの道徳アニメ『星の子ポロン』のネットでもあげられてない発掘映像もあり。特撮&芸能&封印&サンテレビ、そして翌日、阿佐ヶ谷ロフトAで上映される『鉄ドンへの道』の裏話もあったり参加者には抽選でどえら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐組『秘密の花園』!

今年も南天満公園、劇団唐組第57回公演 改訂の巻「秘密の花園」を行ったですよ。 間違いなく当たり! ちゅうか、昨年の『透明人間』を観て次回は藤井由紀&気田睦で「秘密の花園」を観たいなーとC調に考えてたら全くそのとおりのキャスティングで。観る前から「日暮里は‥」というフレーズを気田氏が喋ってる画しか浮かばなかったです。出て着た瞬間「来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東西イベント攻め!

まああ~わてわてわてわてわて。 腱鞘炎がヒドくてマンガは勿論のことキャメラ持つのも大変だ。しかもここへきて来月は関連イベントばっかり。 ヤング放送局が復活(と言うても一夜限りですが)そして今年もよるひるで変な特撮映画やアニメを見まくる顔映画大会を開催。鉄ドンも方々でやりますよ。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

快楽亭ブラックの正体

快楽亭ブラック師匠の「立川談志の正体」今更ながら読了しました。愛ぶちまけのほぼ悪口に驚嘆しました。面白かったです。 もう十年以上前の話であるが、当時はまだ浅草に浅草東宝があり土曜の夜は東宝制作でメディア化もされてないような名作や珍作五本立てをオールナイトで上映し、よく三澤藏六氏と観に行ったものです。確か最初に行ったのはまだ学生時代でわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もゆうばりで『鉄ドン』!

フールジャパン 鉄ドンへの道/TETSUDON:FOOL WARS-BATTLEFRONT JAPAN-|ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016鉄ドンは27日ですじゃん。ちゃんと「金返せ」って言うて下さいね! http://yubarifanta.com/films/2970/ ★顔動画部の新作漫画映画『処刑遊戯』上映!! 顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金太郎vs尻太郎!

やれ北朝鮮だ、アインシュタインだ、ゲス不倫だ、バレンタインだと日中騒いでおりますが、比較的無駄に日々生き抜いております。 先日の祝日にあべのハルカスで余興がありました。田中やんぶさん仕切りの『縁活コミュニティ演劇祭』です。初ハルカスで緊張気味の僕は紙芝居での出番です。ゴーゴーパンチの二人のコントもある予定でしたが、ゴーゴーの甲高い珍声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚せい剤やめるか?人間やめるか?仕事やめるか??

先月末、水木しげるお別れの会へ行って参りました‥友達が。僕も行きたかったですが行くと当分帰って来られないような気がして諦めた。それに気持ちとしてはまだお別れしたくないですので。 てか、先月末は関西でもどえらい寒波で難儀してました。南方のお家は水道管やられてシャワーも湯も出ない状態で、水道屋呼んでもそんな家がいっぱいで来週まで修理無理と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ってました。クソとドリフとクレージー!

無事に年も開けました。もう十日も経ってしまいましたが、年末はいつも忙しくかけずりまわっていました。ほんで大晦日に駕籠真太郎先生よりうんこ映画祭のDVDが届きました。顔動画部のアニメ【クソーム】も収録されております。絶賛発売中です! 年明け一発目に大阪でイベントに出演します。 ◯1☆24(日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水木しげる80年代!

水木しげるが死んで僕はふぬけになったままではあるが、色々整理してると変な思い出がいっぱいあったりするので勝手に書きなぐってみます。 ★田舎にも水木ブームが来たる??? 僕が中学生の頃(80年代中期)、全国的に何度目かの鬼太郎と妖怪ブームが起こり、コミックボンボンや少年マガジンなど講談社のマンガ雑誌に「ゲゲゲの鬼太郎」のリバイバル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水木しげる死んだ!

来るべき時が来た‥とうとう水木しげるが死んでしまった。その僅か二週間ほど前、「黒のマガジン」最新号を制作中の藤本和也と電話で「水木大丈夫か?」「大丈夫でしょう」「そうか僕らのほうが先に死ぬか」とか話してたばかりだというに‥。そして高知インディーズマガジンの最新号では「水木しげるオチ」の4コマが掲載されたばかりだというのに‥ 訃報があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動画部のヘタクソな活動

ほんとにね、なにやってんのかとおもいますがこの三日間変なアニメ作っておりまして足が固まっちゃったですと。一瞬歩けなかった。 12/7(月)に開催される『よるひる映研』の試写会が昨日だったもので必死に原画作成と撮影と編集を同時に行い17時開始なのにデータ便で送ったのが17時過ぎというもう一日中ハラハラしてる状態で。ほいでデータ送ってから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おしりマンガ復活!

あて、週末、一ヶ月ぶりに東京へ行ってましてな。半年ぶりに開催される【よるひる映研】に参加するのでそれの撮影です。といっても自分の作品はアニメ(漫画映画)なので実質録音だけの上京です。 僕は単に癒しの場として参加させてもらってる素晴らしきよるひる映研ですが、今回もSFあり特撮ありPVあり宣伝ありなどバラエティ色濃いですよ。監督陣は、漫画…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バスに乗った鶏弁

過疎の村に住んでいたとはいえ、一応これでも僕が十代の頃はちゃんと小学校も中学校も地元に存在していた(2011年に両方閉校)。しかも中学時代は山奥の新校舎でスクールバス登校でもあった。朝は隣町の端から順番に生徒達が乗り、下校もまた隣村の方から順番に下車し、僕らの地域に向うのはほぼ後半なので、部活で帰りが遅れようものなら辺りはすっかり夜にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鯨神!

さてさて呑気に暮らしてたらどうしようもない生活になってまいりまして‥でも何があったか書く事すらめんどくさいんで書かんのですよ。更年期障害ですかね、何もする気がしないであります。 夕べも旧友と飲んでたらやたらめったら二時間ぐらい罵倒されて、なんでわいここにおるのだろうとつくづくいやんなっただすよね。その前日はこれまた旧友のしりもち先生と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここだけは開けるなよ

いいお天気続きのシルバーウイークでしたがいかがお過ごしでしたか?? 僕は京都の大谷本廟行った帰りに「ブラタモリ」京都篇で紹介された琵琶湖疎水記念館へ行ったぐらいですね。なんか結構遠いとこのように感じたが八坂から徒歩で行けたので驚いた。とてもよかった~映画のロケしたい。でも時間の都合で南禅寺の水路閣まで行けなかったのでまた今度来よう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more