テーマ:西海町

今年のゆうばりは顔漫画映画が二本!?

おまめ映画菜&鉄ドンinゆうばり! いしがしいそがしいそがしい/あれしてこれしてそれをやる/いそがしいそがしいそがしい/ため息つく間もありとせず‥(♪「いそがしいそがし」ソフトレスラーズ) 2019年、本年度のゆうばり国際ファンタスティック映画祭は、珍しく顔動画部二作品連続上映です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実写版ゲバルト!

ゲバルトキャストはみんな健在だ! 自作のマンガ「ゲバルト西海」シリーズでありますね、『黒のマガジン』で絶賛(ではないが)連載中でございます。 このマンガの舞台は30数年前の地元の中学校です。現在は勿論廃校ですが、登場人物は同級生や先生も含め全員実在しております。 このマンガの同級生、3号掲載の「ゲバルトキャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水木しげる80年代!

水木しげるが死んで僕はふぬけになったままではあるが、色々整理してると変な思い出がいっぱいあったりするので勝手に書きなぐってみます。 ★田舎にも水木ブームが来たる??? 僕が中学生の頃(80年代中期)、全国的に何度目かの鬼太郎と妖怪ブームが起こり、コミックボンボンや少年マガジンなど講談社のマンガ雑誌に「ゲゲゲの鬼太郎」のリバイバル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスに乗った鶏弁

過疎の村に住んでいたとはいえ、一応これでも僕が十代の頃はちゃんと小学校も中学校も地元に存在していた(2011年に両方閉校)。しかも中学時代は山奥の新校舎でスクールバス登校でもあった。朝は隣町の端から順番に生徒達が乗り、下校もまた隣村の方から順番に下車し、僕らの地域に向うのはほぼ後半なので、部活で帰りが遅れようものなら辺りはすっかり夜にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限界集落をまた語る。

夏なので、ちょっと怖い話をしますが‥ ●そりゃ仕方ないよ、限界だもの。謎のサラリーマンの巻。 僕の地元はくどいようですが現役の限界集落である。 だからどしたってことではないのだが、お子様の頃の謎の思い出をちょっと大人になって理解するということがたまにあった。 80年代初期、僕は真っ当に生きる小学生のお子様だった。 そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限界集落を語る。

「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者 かつを」ですよ。 ついに限界集落で猟奇殺人が起こってしまった。詳細諸々色々あったことだろうが、殺ったことは大罪だ。 でも、なんかこう言うと不謹慎でしょうが、加害者の気持ちもわからんでもないんですよ。 僕の地元も完全な限界集落でそのうちなくなるでしょうという村です。 村の一体化っていうものはある意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーを語る。しかもまじめに。

サッカーサッカー、AKB‥と、うるせえですねまったくよ。 ●サッカーVS空手! とはいうものの、僕の地元の高校はサッカー優勝校だったので、高校時代はすごいサッカーブームでしたよ。僕もサッカーは見るよりやるほうが大好きでしたね。 全国優勝したのがギリ3年生だったかな。そりゃもうえらい騒ぎで、地元のテレビ局なんかしょっちゅう取材に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限界集落におうちあり!

昨年暮帰省しました。 しかし、これ帰省するのも一苦労ですよ。バス乗って汽車乗ってバス乗って、そこから駅着いてもまだ遠い。しかも実家方面行きのバスはもうない(なんせ午前中に最終が行ってしまう!)からタクシー乗らなきゃならんのだが、家着いても店ないから必然的に食べ物がない!しょうがないもんでタクシー乗っても途中コンビ二寄ってもらわなきゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い。狂いそうだ。

世界のクロサワの『天国と地獄』でね、山崎努の誘拐犯が「あんたとこは金持ちでクーラーガンガンきかしてて、わしとこなんか狭いわ暑いわ、ムカつくさかいおたくの子供を誘拐したった」て動機を語ってるラストシーンがありますが、その気持ちわかるわ~。暑さって、寒さに比べて人の思考狂わせるからね。うちは冷房あるけどずっとつけてないと夜も寝られないとです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食いたるもちの数

前回はひがしやまの話を書きましたが、あと保育園なんかでよく食べてたのは餅です。 どっかの家庭で食えなくなった鏡餅やら杵付き餅やらがかちかちになったまま保育園へ流動され、ストーブの上に置いてええ感じになるまで焼き、それにぶっとい黒砂糖をくるんで食べるのが僕らのおやつでした。 特筆すべきは、固くなってしかもカビが生えいるやつまで、カビの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

地方によるアニメ再放送の変な謎!

動き回ってたら体中痛くなっちゃった。 ●旧ドラえもんの四次元 最近は藤子不二雄のアニメについてちょっと調べものをしてるのですが、今日、ブラマヨの番組で、ゲストの肝付兼太が日テレ版の「ドラえもん」でジャイアンの声を当てていたことをカミングアウトしていた。てっきりその話はアニメ界ではタブーなのかと思ってたので意外だったが、隣にいた野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

できるだけ読まないで下さい。

ついに実現!? 誰も期待してなかった盟友対談。 (MOS改め)マス貴之vs炭子部山具十(※マス貴之は毎回「貝」を「具」と表記してしまうのでこのままいきます) ★過激な出迎えマス・ジュニア マス・まあ久し振りやな。 具十・どうも、ご無沙汰してます。と、いうかよくこのHP見つけたな。 マス・色々検索しよったらここへぶつかったん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

裏切りの雨

先週は雨ばっかりですごい鬱陶しい日が続いた。 雨の日に思い出される事件がある。 もうかれこれ30年以上も前の話、つまり久し振りに地元の話だ。 小学校の低学年1~2年ぐらいの頃。 僕の住んでいた村には、東の浜と呼ばれる土地というか数平方メートルの範囲が、なぜか廃車置場として車の山で埋め尽くされていた。 物心ついたときから、東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲバルト年寄りっ子

最近は興行をすることに関しての疑問を考えることがよくあるね。 興行とは俗に言うイベントや催し物(一緒か)のことだが、友人からなかなかいいアドバイスを頂いた。 イベントをするにあたって、こっちからお願いするのと主催者がいてお願いされるのとでは待遇が全く違う。むしろ違わなければおかしいというものだ。 僕なんか、頼まれればどこでも行って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新八が始まった!

TBSチャンネルがんばってますね。 ついに『1年B組新八先生』、先月からスタートしました。 過去にも書きましたがわたしらが生息してた地区では、土曜の夜10時と平日の午後4時からやってましたが、かれこれもう20年以上は見てなかったのでとても嬉しいであります。 まあしかし、小学校上がりのやんちゃ坊主とおてんば相手に初回からやせっぽっち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のオカルト村

前回の続きである。 ほいで実家でも相変わらず不気味な雰囲気の場所があって、唐州兄さんらが通ってた中学校のすぐ近くにスクールゾーンの標識が立っているのですが、やたら茂みの中にぽつんとおるのでなんか気色悪いのである。しかも中学校は唐州さんらが1年生を終了したと同時に廃校となり、翌年から隣村と合併した新学校へと進級したので、この標識自体が無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本年度版とち式

選挙選挙選挙!もうええか? 去る13~16日、今年も当然のように実家へ里帰りしましたヨ。 然しね~このブロッグの更新ままならぬのが示すように、俺自身非常に忙しい部署へ放り込まれたので、今猛烈に時間がないのね。 12日の夜に神戸から深夜バスで帰る予定で、余裕があったら散髪しようっと思ってたんすけど、甘い甘い甘い!甘い蜜の恐怖。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル訃報と駒画

マイケル・ジャクソン訃報 マイケルが逝ってしまった・・・ 先月、撮影の合間に友人と「今見ても『スリラー』は怖い」というような感想を話したわずか5日後の突然の死に驚いた。 PV「スリラー」の初見は多分小学生の頃、地方の情報番組であった。当時田舎のジャリガキにPVなんちゅうものがサッパリわからず、その映像を「怖いなぁ~」と流し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブタと熱帯魚

「このへん今日お祭りやってるんですよ…」とほくそえみ顔で云われてるかのように、この連休朝から晩までうちの近所はチンチン、カンカン、ドンドン、やっかましいて寝てられへんのやもう・・・。ほいで仕方ないから、2~3日には大阪市内へもぐりこんで、ここなら安心とばかりにチャンネルひねったら、訃報や。 清志郎が亡くなってしまった。 再入院し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感染や体罰について真面目な話

鳥からもヒトからも豚インフルエンザ? なんか毎年何とかインフルエンザが・・・ってここ最近で増えた。 俺は職場上ずーっとマスクをしっぱなしなので今更マスクをつけろと言われても、逆に外したいくらいだ。 世界の動植物の生殖と食物連鎖に関連あるのだろうか、元医学部香山哲にでも聞かなわからん大問題だ。 日曜に大阪鶴亀本舗の石井さんと幻堂へ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

つげ義春と後背位

京都のしだれ桜やつげ柳の云々を聞いてると、つげ義春の劇画を読み返したくなったので、ちくま文庫を定価で買っちゃった~。リッチやね。 まあ~「するめ固め」「ヨシボーの犯罪」など一連の夢物語が一冊でしかもコンパクトに読むことが昔からの願いだったのでね…。以前ちくまから出たハードカバーの内容は完璧なんですが、いかんせんでデカいという理由からず…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

実録・とち式

『土地』(山坂書房)というマンガ誌が発行されました。 『漫画少年ドグマ』が「動」なれば、『土地』は「静」とでもいいましょうか。兎に角オール癒し系の内容ですが、顔画工房の劇画で相当お茶を濁しております。 なんといっても山坂書房(大西&三好)の漫画が最高である。藤本和也が約二年ぶりに新作漫画を発表しているという事実も無視できない。まさに…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

地方における特捜最前線の謎!

今回はほとんど僕の曖昧な記憶で書いたので、誤解を指摘される方がいればぜひ情報を教えてほしいと思う。 地方放送のドラマにはむちゃくちゃな編成で消化不良のまま放送中止となったものも数多い。 以前書いたGメン75もさることながら、刑事ドラマ不滅の名作ともいえる『特捜最前線』についても謎が多い。本放送時における後半の記憶が全くないのだ。…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

劇画漂流

さて、クリスマスから年末年始と結局忙しいだけ(ほとんど大掃除)の顔画工房ですが、その合間を縫って久々劇画を買ってしまったのだ。 劇画マニア待望の劇画『劇画漂流』の上下巻を読んだ。 マンガを滅多に定価で買わない自分がこれだけはちゃんと金払って買ったとはチョット情けない話だが、そこまでして読みたかったのがこの本である。 当時の貸本…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

内泊漫画狂時代SP

久しぶりに地元話です。今回は懐かしくて思い出深いガキンチョ話です。 ○黎明編 元祖絵本マンガ『ガンバルン君』 僕らがガキの頃、一大マンガブームが起こった。読むのではない。描くのだ。 発起人はおなじみの暴れん坊・Dやんである。 当時、駄菓子屋にはスケッチブックなるものが売っておらず、あるのは学校で使うA5版の学習帳だった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラブレタフロム西海

                   79年頃の西海町・船越湾。とんでもない物が引き上げられた。 ●放送禁止歌『手紙』 このネタもかなり古い話なのだが、岡林信康不滅の名曲であり放送禁止歌でもある『手紙』を初めて聴いたのは、なんと中学生の鼻歌であった。 1984年高度不経済真っ只中の発展途上を諦めた西海町。当時俺は中学一年の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ズンベラ 田舎の都市伝説2

前回の田舎伝説シリーズ。今回は比較的ライトな話を紹介。いうてもまたまたいきなりかっぱの話にスポットを当てすぐ消しますよ。                                    カッパを探す俺。 ★元祖かっぱさん伝説 どの地方にも田舎には頭のおかしな人が住んでるものだ。 そういう意味での、うちの地域の初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザッツ田舎の都市(?)伝説

まあ流行りに便乗するほどネタに飢えてはないのだが… 朽果てるわが村で御馴染みの、うちの地方にも変な田舎伝説なるものがある。 今回はその実にくだらない伝説にスポットを当てすぐ消してみよう。 題して『夏の終わりのホラー劇場・田舎の都市伝説』~ キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああああああああああああーッ!!…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

朽果てるわが村

今年も盆の帰省で実家へ帰ってまして、本日早朝神戸へ帰ってまいりました。 しっかし何ですかね、うちの集落。 完全に家の数減ってるか空き家が大いに目立つのですわ。大丈夫かねこの村。ほんまに心配になったわ。 というわけで毎年恒例の探検をしたのですがね。もう散々でした。ごく一部を紹介しますが、最後まで(俺が)耐えられるかな? 断…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

悲!フジオちゃん死んじゃったのだ。お通夜の巻

シェー! まあついにとうとうやっぱりきたかこの日が、というのが素直な感想だ。 下落合タイムスのチビ太のメッセージが切ないですね。 スポーツニッポンの記事を読んで知ったのだが、おととしの奥さんに続き、前夫人も先月亡くなっていたのか?しかし、がんでなく肺炎で死んだというのが赤塚らしからぬ意外な死因だった。 スポーツ報知の記事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more