テーマ:テレビ

おーい志村、死んでんじゃないよ!

志村がナニしたのよ? 志村けんが死んだ。でもまだ実感がない。日本国民全員がそうであったように、自分も志村がいつか復帰するものだと思っていた。 報道があった当日は、朝出かけ、またそういう日に限って携帯電話を持って出てなくて、多分速報が出てからすぐ数人からのメールや着信やらあったのだが、帰宅した17時頃まで気がつか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

覚せい剤やめるか?人間やめるか?仕事やめるか??

先月末、水木しげるお別れの会へ行って参りました‥友達が。僕も行きたかったですが行くと当分帰って来られないような気がして諦めた。それに気持ちとしてはまだお別れしたくないですので。 てか、先月末は関西でもどえらい寒波で難儀してました。南方のお家は水道管やられてシャワーも湯も出ない状態で、水道屋呼んでもそんな家がいっぱいで来週まで修理無理と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここだけは開けるなよ

いいお天気続きのシルバーウイークでしたがいかがお過ごしでしたか?? 僕は京都の大谷本廟行った帰りに「ブラタモリ」京都篇で紹介された琵琶湖疎水記念館へ行ったぐらいですね。なんか結構遠いとこのように感じたが八坂から徒歩で行けたので驚いた。とてもよかった~映画のロケしたい。でも時間の都合で南禅寺の水路閣まで行けなかったのでまた今度来よう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシラまで逝くかしかし…

いや~仕方がないのですが、この数週間は世界中でも職場でも「真央ちゃん、真央ちゃん」言うてるもんで、「おまえらミキティはもうどうでもいいんか」と思ったら、職場の同僚が「もうええんちゃうか」と言うていた。悲しいわ。 わたしらの時代(昔々)はね、まおちゃんといえば、どう転んでもアンジェラ・マオなんですな。しかし今のこの時代に、アンジェラ・マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サミシイーッ!

藤田まことが死んでしまった。 ガキの頃は、朝日放送がネットされていなかったので、『必殺』シリーズなんか、たまに夕方放送される、所謂「遅れ放送」でしか見たことがなかった。しかも全シリーズではない。 一番覚えてるのなんざ主水が脇役の『暗闇仕留人』(心臓潰しが学級で大流行する)や、『助け人走る』など、俗に言われる『必殺』封印期間の作品ばっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西番組なんやかんや

関西の深夜番組は多分面白い。 まあ他の地域がどういう放送をしているのか不明なのであえて多分としたのだが、関西在住の僕としては、関西の深夜の力の入れようにはなかなか目が離せない。 というても僕は深夜はやっぱり寝てしまうのでほとんど見ておらず、かといって録画してまで見ることもないので結局見ずに寝てしまう。寝ている間にも面白いことがエンド…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジュニアの裏側

「アメトーク」でNSC八期生が揃った。メンバーはFUJIWARA、バッファロー吾郎、千原兄弟、なだぎ武、大山英雄。 幸運にも自分は過去に大山以外の全メンバーと接触する機会に恵まれている。 いや、確実に幸運とは言い切れないかもしれない。芸人にしろタレントにしろブラウン管を通して見る顔と、カメラの回っていない素の顔とでは100%違うのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

らくさぶろう上陸!

関西地方、梅雨かと思うほど雨が続いております。しかし今日は晴れました。花粉が心配です・・・。 ○自分的にちょっと驚いた話 今週の「やりすぎコージー」に、ついにらくさぶろうが出演した。 このローカルタレントは、地元愛媛ではかなりの人気者である。 俺も実家へ帰るとやたらCMで見ていた顔なので、なんだか知らぬが他人事ではないよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キピガイ夫婦

ほてほて…表顔の日記。 玉置浩二と石原裕次郎が・・・あ、本気で間違えた、石原真理子が結婚したという驚愕の、いや狂喜的のニュースはまじびびった。 知合いの作家が漏らしていたが、石原もさることながら、玉置もだいぶイカレの人だそうで、日常をスケッチしたら玉置のほうがだいぶ面白いというか引くらしい。 職場の休憩室でタイムリーにもラジオから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジオちゃん死んじゃったヨ~ン!! 見たいの巻

赤塚ショックはさめやらず、無念のココロ。 そこで今回は追悼番組で流してほしい昔見た赤塚特番を振り返ってみたい。 ☆☆フジオちゃんの思いで・2 フジオテレビ★★★ ★消えたおそ松くん特番 僕が19歳の頃だったと記憶する。 どういうわけかMBSが深夜に『おそ松くん』の特集番組を2時間もやったことがあった。 今だになぜ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さんまえらいな~

いやー27時間、明石家がんばったな~感心だ。 しかし後半相当無茶やったな~。やっぱ危ないわ、ビートは。 僕、昨日仕事で、帰宅したらもう紳助との絡み始まってたのですが、ポンチーヌ姐さん(兄さん)からメールがやたら来て、ほとんどが27時間の感想でねん。 まあほんまにひょうきん世代ですよってに今回の絡みは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

すべらない話ゴールデンvs関西女子

「今回もとてもとても面白かったですね~!」・・・ 月曜日にこういう会話を期待したが結果は大ハズレ。 わが関西圏での評判はスコブル良くない。勿論僕も例外ではないのだが、まだ愛情があるほうだ。関西人はほんまに笑いに厳しい。特に女の子のほうが厳しい。 今回仕事や友人を通じて関西女子の意…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秀美ちゃんまた出産

ちえみちゃん…あ、本気で間違うた、秀美ちゃん、スゴイいっすね~。また産みましたですね~ 子沢山具沢山だそうで。 ヤックン、このネタで岡江久美子と菊池桃子の二大美女を驚かせたのだから朝からお腹一杯ですね。 僕は秀美ちゃん活躍当時、まったく興味がなかったのですが、最近CSでやってる『ドリフ大爆笑』の再放送見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

M・ジャクソン死んだんか!?

今日は「未来少年コナン」について書こうかと思うたのだが、ウガンダ・トラが死んでたのでそっちについて急遽追悼します。 ●和製マイケル全盛期 近年のウガンダは「アメトーク」のデブキャラ芸人の元祖として登場した途端つまづいてセット壊す勢いで大暴れしていた姿がデブキャラ健在を示していた。しかし、今思えばこの頃から歩行困難になっていた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安売りダウンタウン?

●さいきんのかんさいろーかるよせあつめ 夕方テレビつけたら、サバンナの特番にダウンタウンが出ていた。というてもサバンナが東京へ行ってロケしてダウンタウンに会いに行くという番組の企画でだが。 八木の一発ギャグが意外と二人にウケていたので少しホッとしたのも束の間、「ハイOK!」のカットに、突然素人のような新人に戻ってしまい、大御所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうやってたんですね!

始まってたようですな。 『墓場鬼太郎』がよ。 こっち(関西圏)じゃ本放送より一週間ばかし遅れてるよう(朝の鬼太郎もそうよ)でミクシとかのコミュニティなんか覗くと完全にネタバレなので読まないようにしてたが結局うっかり読んでしまった。 ほいで一応録画したはいいが、滅茶苦茶忙しく見る暇どころか、洗濯するのが精一杯。晩飯なんかほとん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年のまとめ(か?)

お笑い関連 後半からなぜかお笑いが下火になってきた。結局個人的に好みもあるのだが、M-1以外では関西深夜限定の番組に集中してしまい、ゴールデンタイムでの特番はほぼ無視してしまった(というか番組が多すぎて録画も出来なかった)。しかし関西のお客様はほんとに笑いにまじシビアですね。オールザッツなんか見てると結構人気ある…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ゆうじが死んでいた!

紳助号泣、竹内ゆうじさん告別式 直腸がんで亡くなったお笑いタレント竹内ゆうじさん(享年36)の告別式が13日、兵庫県丹波市で行われ、島田紳助(51)らが出席した。弟子のようにかわいがっていた弟分の病魔との闘いを思い、紳助は号泣した。  「調子悪いと聞いて『ちゃんと(病院で)みてもらい』言うたんです」。05年7月、直腸がんを宣…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

地方における赤いシリーズの謎

前回、地方局のドラマの変な編成を紹介したので今回もまた同じような思い出を・・・と思ったが結局頭が混乱するだけだった。 さて小学生の頃、百恵ちゃんでおなじみ、大映ドラマ赤いシリーズを、僕はめちゃめちゃ楽しみに学校から帰っていたね。 勿論TBSの入らない片田舎なので、本放送からだいぶ遅れて、前回紹介したアイフル&バーディーの「アフタ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

地方におけるGメンと金八の謎

ファミリー劇場で放送中の『Gメン75』がいよいよ300回に突入した。 これは僕の記憶の奥を弄る不鮮明な情報であるが、地元愛媛では、このGメン放送の際に変な謎(というものでもないが単に局の都合)が残る。 まず、僕が小学生当時、放送局がテレビ愛媛(キー局フジテレビ)と南海放送(日本テレビ)での2チャンネルしかなかった。しかし、隣村の船越…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

がんばる間!

では間の東京再起作戦一発目のブラウン管での仕事が前述の『花王名人劇場』だったかというと、若干違っている。 実際には同じ花王名人劇場枠で放送された『野沢直子のナーススクール物語』(89・演出はなぜか河崎実)が新喜劇脱退後最初の仕事で、スポーツ紙の記事にもなった。 間の役どころは、野沢直子扮するキテレツな看護士の同僚・伊藤麻衣子(現ひら…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

さんま・間のええ話

さんま師匠が珍しく『さんチャンネル』のさしのみのコーナーで、千原弟になぜ関西の番組をやり続けるかを語っていた。 なんでもさんまが若い頃会社に潰されかけ、仕事を失いかけた時に毎日放送の若いスタッフが救ってくれたので、どんなことがあってもそのスタッフの頼みであれば一緒にやろうと思ったからやってるんや~とかそんなええ話だった。 結構そうい…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

大松本人

え~大素人が何をえらそうなことぬかしとんねんというお話です。先週京都のたこやき屋で、やたら延々と松本人志を語る若い兄ちゃん客がいてまして、すげえ熱入って『すべらない話』の面白さを力説していました。カウンターに座っていた僕はその声を背中で聞きながら、連れとおかしくておかしくて、入っていったろかなとさえ思いました。最初は…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ヘッケル・ジャッケル

ヘッケル&ジャッケル 作品自体はご家庭でも楽しく見られるアニメである。なにしろあの「キル・ビル2」のラストで、ユマ・サーマンと娘がコレを見て終わるくらいだから。 しかしこのアニメ、日本で放送された吹き替え版は何か異色だった。 悪い奴をやっつけるパターンのマイティマウスと違って、こっちは毎回二人組のカラスが、ドタバタやってる…
トラックバック:3
コメント:15

続きを読むread more

マイティマウス

ノータリンで無頼極まりない僕が、唯一童心に戻る瞬間があるとすれば、それは洋物のマンガ(つまりアニメ=昔はアニメという言葉がマイナーで、まだマンガと呼ばれていた)を見てる時である。ほんでもって僕はこんなマンガで育った。 『マイティマウス』、日本での放送は、30年代後期あたりになるのだろうか。僕は今から約24年前、テレビ愛媛が午前…
トラックバック:3
コメント:63

続きを読むread more