黒のマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 変なマンガ「ある夏の出来事」(86年)

<<   作成日時 : 2007/04/07 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

作・MOS(マス)貴之
画像

☆つげ義春を意識して描かれた短編。前回紹介した『河童のすもう大会』も同じ著者によるもの。作品発表後10年目にして日の目を見たのは、97年。幻のサブカル同人誌『空飛ぶ骨雑誌・月刊タルワキ』創刊号に掲載。
画像

☆愛媛の片田舎、マニアックな地名の「うちどまり(内泊)」は、実際には鉄道はおろかバスも一日に3本ほどしか通ってないほどの超死亡級ド田舎。因みにつげ義春は隣村の外泊(そとどまり)には、1970年に訪問しており、著書『貧困旅行記』に、自らが撮影したその村の写真を掲載している。
画像

★何もラストに死ななくてもいいのに・・・・。やはりつげの『なぜ殺らなかった』(左)の影響か。15才の少年にしてはつげをリスペクトしてるあたり並の中学生じゃない・・・とはいうもののこの作者、実は僕の同級生です。時間があったら『河童のすもう大会』もアップしようと思ってますが、作者本人は嫌がっています。月刊タルワキは今でもタコシェに売ってるそうです。

★これが月刊タルワキ(復刻版)だ!
画像

ご入用の方はこちらへメールしてください・・・といっても現在品切れ。9月のイベントまでには増刷したしますのでお待ちになってねティーチャー。
http://www.rak2.jp/town/user/kaoga/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
復刊タルワキ!
今回は、幻のミニコミ『月刊タルワキ』創刊号を数年ぶりに復刊させた垂脇書店についてのブログでございます。 ...続きを見る
黒のマガジン
2007/05/17 11:40
鴨川つばめに怒られた!?
{%saiaku%}色んな人に怒られた話を。 日々日常を送っておりますとね、怒られることもしばしば。また怒ることもしばしば。 え〜そうですね〜いっぱいありすぎてどうにもこうにも何から話したらいいか…。 9月のタルワキナイトではあんまり触れなかったけど鴨川つばめに会った時のことはけっこうネタいっぱいだったのですね。 ...続きを見る
黒のマガジン
2007/12/08 11:50
地元の映画館!
西海から車で15分ほど走ったら城辺という町に出る。 昔は、西浦漁港からバスでグニャグニャの山道(通称・下道)を30分ぐらいかけて行ったもんだが、僕らが小学校へ上がる前に、山の上に有料道路(通称・上道)ができた。しかしバス道はまだ開通しておらず、常に下道を通って、グニャグニャ曲がりながら、城辺という名の都会へ買い物へ行くのが当時の貧乏っ子の一番の楽しみであった。 そしてこの城辺に小さいが一件だけ映画館があった。 なんせ映画なんか数年に一回隣村の公民館に巡業で回って来るのが「映画を観る」... ...続きを見る
黒のマガジン
2008/02/04 21:53
20年前のヨッパライ
ゴールデンウイークリーももうおしまい。 面白かったのは、2日に顔画工房ゆかりのお兄ちゃんお姉ちゃんたちと、江坂公園を散歩したことだ。 この公園も多分僕が東京で生活している間にすっかりリニューアルされ、過去に僕らがよく遊んだ江坂公園の面影はスッカリなくなっている。 ...続きを見る
黒のマガジン
2010/05/05 19:55
137年の歴史に幕 新城・黄柳野小で閉校式
児童数の減少で来年度統合される新城市黄柳野小学校で3日、閉校式があった。黄柳野小は1875(明治8)年に開校。開校当時から複式学級を採用していた。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/02/04 19:48
水木しげる80年代!
水木しげるが死んで僕はふぬけになったままではあるが、色々整理してると変な思い出がいっぱいあったりするので勝手に書きなぐってみます。 ...続きを見る
黒のマガジン
2015/12/23 21:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
変なマンガ「ある夏の出来事」(86年) 黒のマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる