黒のマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 唐組『夜壺』とマンガ情報。

<<   作成日時 : 2016/11/23 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

顔マンガ面白最新情報
『高知インディーズマガジン』最新20号、高知県内他で発売中です!
顔まんが「新南国の格闘狂」とおまけのコミックエッセイ「かお松さん」掲載。
http://kochiindiesmagazine.web.fc2.com/
画像
そしていよいよ来月、総合マンガ誌 『キッチュ』最新号がワイズ出版より発売されます。
顔顔チャンネルでは番宣で配信している【シネマデリシャス】の劇画版掲載。自主映画制作の裏で起こった数々のハプニングを紹介。まさに顔マンガのライフワークであります。http://studiokitsch.info/


紅テント【夜壺】十六年目の再会
画像色々忙しくてなかなか書く余裕がなかったですが、10/8には東京にて唐組の紅テント公演『夜壺』観に行きました。2000年版は都合つかず行けなかったので16年ぶりに初お目見えですね。すごくよかった。しかも前から二列目で見たので役者が発するのなんらかの液体をもろくらいながらの観劇ですわな。
で、終わったらまた去年と同じ居酒屋で一緒に見た天太郎君と談義したねーベロベロ。
ほいで翌日の午前中には明治大学和泉キャンパスの図書館で開催されている唐十郎の企画展も行きまして『電子城』で実際に唐がはいていたでっかい靴が何度かニス塗ったのかテッカテカのまま展示されていて思わずはきそうになった嘘嘘。唐組初体験がこの『電子城』である。当時自分は高校生で、近所の唯一BSが入るお宅にお願いして中継放送された『電子城』と『ジャガーの眼』(89年度版)の公演を録画してもらったのだ。ほいで大久保鷹にすごいハマったりして、PARCO出版の写真集とか買ったり‥過疎化の村のアホな高校生がアイドルの写真集でなくそんなアングラ芝居の写真集買うなんか相当変わってる奴だったな。しかしその数年後、都会へ出てもっとへんな人ばっかりの学校入ってその写真集貸したら返ってこなくなって、約22年後、今回東京の古本屋でまた買うたがな。なんやかんやでリアルタイムで買った値段より二倍ほど高くなっててびっくりしたわ。
9日の午後は、天太郎始めとする東京時代の職場仲間三人で、天太郎の知合いの若い劇団の芝居見て、夜はゴールデン街の外波山文明さんとこのお店「クラクラ」でまたベロベロになりました。でも文明さんとは「はみだし劇場」として出演された伝説のNHKドラマ『さすらい』の話ができてとても嬉しかった。
このお店、前回来た時、天太郎がベロンベロンになったのでうっとおしくて説教してたら、声が丸聴こえだったのかカウンターで飲んでた方とバイトのお姉さんがけらけら笑ってました。

10/8は大雨の中『よりぬき長谷川町子展』も行って来た!行けてよかったわ〜ほんと。僕のすぐ後に入ったお客さんが「15,000人目です〜」って記念品貰っていた。よかったですね。

★★【劇画家後家殺し!】予告編配信中!!(今世紀中に公開予定)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
唐組『夜壺』とマンガ情報。 黒のマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる